会員の方からのメール

2008/7/31 木曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 11:27:25
京子です

ありがとう存じます。
一昨日の夜、久しぶりに唯先生の夢を見ました。(引越しで)がらんとした事務所の中で赤い着物と白っぽい縮緬絞りのスカーフのどちらか好きなほうを選びなさいと言われてさんざん迷っている夢でした。生地の色や柄、唯先生のお顔があまりにも鮮明な夢だったので驚きました。

同じ日、息子と久しぶりに長電話しました。最初は「大学で課題に追われてめちゃくちゃ大変や・・・毎日遅くまで学校に残ってるからサークルにも行かれへん。」と不満をもらしていました。良輔が通っている大学の中で彼の学部は特に厳しく、忙しいそうで、彼曰く「えらい所へ入ってしもた」そうです。でも改めて「大学楽しくないの?」と聞いたら「楽しいで!学部の友達がいいやつばっかりやねん。みんな追い詰められてるから協力してがんばってる!」と言うので安心しました。そして一緒にしんどい事を乗り越えた仲間は生涯通じての良い友達になり得るということ。大学でそういう仲間作りが出来る事はとても大切で幸せなこと・・・という話に最後は落ち着きました。
忙しい中で見つけた(限られた)時間の中で気の会う仲間と語り合うひと時だからこそ楽しさも倍増するような気がします。

また「お母さんも最近長時間働き始めて生活に張りが出たよ。唯先生にも もう子育て終わったんやから自分の人生を充実させなさいって言われてん」というと「子供の僕がいうのも変やけど僕もそう思う。もう子供のことはええん違う?お母さんの好きなことしたらいいと思うで。」と言う言葉が返ってきました。その瞬間なんだか急に息子が大人びたように感じました。

考えてみれば良輔は先月ついに二十歳になりました。唯先生がおっしゃっていた「少年A」ではなくなる歳です。私も子離れに向けて変わらなければ・・・・と思った矢先、「お金なくてあまりご飯をしっかり食べてない」という話を聞くと ついつい心配になり、電話の後 良輔と友達の分に・・と肉まんを20個作って送りました。(でも届いたという連絡はいつも通りありません・・・。)
こんな具合でなかなか絵に描いたようにようにすんなりとは行かず、前進後退を繰り返しながらではありますが少しずつでも子離れして行きたいなと思います。

京子

コメント (0件) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.