会員の方からのメール

2020/4/30 木曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:27:12
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、今朝はご指導くださりありがとうございました。
唯先生のプロデュースも、もう終わりに近づいています。
今だからこそ言ってくださるお言葉で、言ってもらえるうちが花だと心から思います。
今日は難しい事は手につかず、ずっとお話くださったことを考えていました。
自分を振り返る時間が必要だと思いました。
見てみないふりをしてきた事は、必ずどこかで向き合わなければならず、それが嫌なら
人生を放棄したことになるのではないかと思います。
まだ、やり直すチャンスはいただけるのでしょうか。
それは自分次第なのでしょうか。
唯先生には、ご心労をおかけしてしまい、申し訳ございません。

明日のご縁日のご奉公、何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:24:48
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、今朝はご指導くださりありがとうございました。
唯先生のプロデュースも、もう終わりに近づいています。
今だからこそ言ってくださるお言葉で、言ってもらえるうちが花だと心から思います。
今日は難しい事は手につかず、ずっとお話くださったことを考えていました。
自分を振り返る時間が必要だと思いました。
見てみないふりをしてきた事は、必ずどこかで向き合わなければならず、それが嫌なら
人生を放棄したことになるのではないかと思います。
まだ、やり直すチャンスはいただけるのでしょうか。
それは自分次第なのでしょうか。
唯先生には、ご心労をおかけしてしまい、申し訳ございません。

明日のご縁日のご奉公、何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:23:43
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、明日のご縁日にご奉公をさせて頂けますこと、ありがとうございます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:13:32
弥生です(携帯からです

唯先生

ありがとうぞんじます。

先生、お身体のお加減は如何でございますか。

明日のご縁日に、お詣りに伺わせて頂く事が叶いません。

大変申し訳ございません。

ブログを拝読させて頂き、自分を振り返っております。

先生、いつもありがとうぞんじます。

ありがとうぞんじました。

弥生

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:48:52
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、明日のご縁日にご奉公をさせて頂きたく存じます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:54:24
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
今日のお身体の調子はいかがでしょうか。

ナナがよく腰高窓の前の台に乗って外をじっと見ています。
微動だにしない後姿に、何を考えているだろうと思います。

ブログに平成20年4月20日の聴快会のお話が掲載されていました。
『いつも自分がプラスのエネルギーを発してるかどうか。
う〜ん…あかんで。
すぐ下がるやろ?…うゎ〜んってな。
そのうゎ〜んとなってきたら、
心棒心棒心棒っていう心棒ここに突き立てる。
胸からお腹から背中からしっかりと心棒や。
心の棒やけど、我慢する棒。
それも大事な棒です。
自分の一番中心になってる心棒。
で、耐えるという辛抱。
その両方をしっかり自分の中に入れます。
全てレッスンです。』

しっかり心棒立てたいです。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 0:41:01
五十鈴です。

ありがとう存じます。

唯先生
ブログを更新していただきありがとう存じます。

ステイホームと叫ばれていますが明日は仕事です。
唯先生
明日で退職します。
決めたことに向かってフラフラせずきちんとしていきたいと思います。

ありがとう存じます。

五十鈴

2020/4/29 水曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:41:29
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、今日は暖かな一日で、唯先生に見守られながらマーちゃんと境内をランニングしました、と言いたいところですが、
軽く小走り、と言った方が最適でしょうか。

今日は何故か眠くもならず、読みかけの本を読破しました。
新聞に載ってた新刊で、面白そうだと思い直ぐに買い求めたのですが、テレビを観ている時もCМになったら読んでしまう程
の面白さでした。
今月はほとんど家で過ごしたので、本を数冊(読みかけの本もまだ数冊あります)、ネットで映画も数本観てしまいました。
勿論、課題もこなしながらなので、エコノミー症候群にならないか、本気で心配したくらいです。
マーちゃんと、もっと走り込みが必要のようです。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 12:05:03
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
ご体調はいかがでしょうか?
私は、お陰さまで元気に過ごしております。

先日、突発的事項に弱い私に2件も事件が起こりました。

ひとつ目は、今、コロナ感染予防もあり、
店の扉を開けて営業していています。

その扉から突然小さな鳥が舞い込んで来ました。
鳥は天井の高いところを鳴きながら飛び回り、なかなか出口が分からず困っていました。

途中、親子なのか夫婦なのか、兄妹なのか、
もう一羽がこっちだよと一瞬入ってきてまた出ていきましたが、それには気付かず、
出れないまましばらく飛び回っていました。

そこで、一度電気を消してみようとやってみると、
明るい方へと向かっていったのは良いのですが、
窓ガラスに勢いよくぶつかってしまい、
バタンと床に転落してしまいました。

えーっ!死んでしまった?!と思ったら、ピクピクと動いていたので、一瞬タオルで包んで?と思いましたが、
ツバメ等は人間が触ると死んでしまうし、
あんまり触るのは駄目かと、
虫取網があったので、そっと差し出しました。
網を掴んでくれたので、
庭に連れていき、木の上に置いてやると、目をパチクリしながら、こっちを見ていたので、
頑張れー、頑張って、飛び立ってー。大丈夫、大丈夫!と声をかけていたら、
小さく羽ばたきはじめました。
そこへお客様が来られたので、
応対してもう一度見に行くと、もうそこには姿がなく、
あぁ、飛べたんだとホッとしました。
窓ガラスに当たってちょっと気絶しただけだったことが何より幸いで、
本当にドキドキハラハラした瞬間でした。

もうひとつは、
最後にご来店されたお客様が、待ち合いで待っておられ、
手前の方が帰られたので、お呼びするとお腹を抱えてその場に座り込んでしまわれました。

酷い腹痛ということで、救急車呼びましょうと言ったのですが、
ご主人が近くにいるのでと、
何とか電話され迎えに来られることになりました。
店の場所がわかりにくく、電話を代わりながら誘導し、
二人で車に乗せ、病院へ向かわれました。
直ぐ救急車を呼べば良かったかとか、
病院についても直ぐ診てもらわれたのだろうかとか、その後からも色々思いましたが、
次の日、たいしたことはなく、
自宅で休養しているとのご連絡を受けホッとしました。

1日の中で、2件もこのような事が起こったことを寝る前に振り返った時、
これからは数々の事柄でビックリして、ドキドキすることが数知れず起こるであろうことに、
如何に対処できるかと、
改めて気を引き締めたいと思いました。

自分の身を如何に整えるか、
今こんな時だからこそ、
今一度心したいと思います。

後になりましたが、
お朔日のご縁日ご奉公をさせて頂きたく、
何卒よろしくお願い申し上げます。

その際に、私のお念珠のご祈願を申し込みさせて頂きたく、
何卒よろしくお願い申し上げます。

唯先生、
日々本当にありがとう存じます。

栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:08:32
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
お身体の調子はいかがでしょうか。

昨夜は珍しく寝つきが悪かったので、
くうとナナがベッドに来る気配を感じられました。
くうもナナも私の脚の間で並んで寝始めたため、
私は身動きが取れなくなり、金縛り気分になりました。

平成21年10月18日の聴快会のMDを聞いています。
『座禅は組まへんけど、歩行禅やって言うたやろ…無我夢中で歩いてること。
「何でこんなことしてんねん」と思ってたってかまへんねん…
頭ん中、誰にも見えへんからな。
ただ、歩いてるスピードが変わってくるからな…それがわかるってこと。
せやから、そういうのを含めて、きっと、違った時に生きてくる。

「私、お遍路行ったの」って言うことやなくて、
なんかわからへんまま自分の中についてくること。
それは早ければ早いほど…きっと、真っ直ぐ人生歩けるかな。
真っ直ぐは何やねんって難しいけどな。
真っ直ぐだけやったらあかんで、曲がらな。
四つ角に来たら曲がらなあかんし、
ちょっと坂を上がらないかんし下らないかんし、
止まらないかんこともあるけれど、
でも、方向を見間違えずに歩ける。』

お遍路の体験があることを有難く思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.