会員の方からのメール

2020/2/3 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:00:24
美直子です(携帯)

唯先生

ありがとう存じます。

今週半ばから寒くなるようです。
お身体ご自愛くださいませ。

12月は一年で一番仕事が忙しい時期なのですが、
今年は、12月・1月と送別会の嵐で、
派遣の身には過分な感謝会など、
30人規模の会から10人、2〜3人の会を含めると
何度開催していただいたか分からないほど、
本当に有り難いかぎりでした。
惜しんでくださる方、寂しいと泣いてくださる方、
東京勤務の方で、心身のバランスを崩されて、
一年以上会社を休まれている方が、
私が退職することを聞かれて、
わざわざご連絡をくださったり…
私は本当に周りの方に恵まれて、
周りの方に支えられて、仕事を続けてこられたと、
感謝の気持ちでいっぱいでした。

ただ、そのせいと言ってはなんですが、
夜に残業出来ない日が多くなってしまい、
朝早く行って仕事をすることにしたのですが、
5時前に起きて5:45に家を出、6:15の電車に乗る、
私って大変!?と最初の日は思ったのですが、
駅に着くと結構な人が電車を待っており、
通勤ラッシュほどではありませんが、
梅田に着く頃には、電車はいっぱいになっていました。
私は普段7時過ぎですから、自分が知らなかっただけで、
早くから働いている人が大勢いるんだと、
まだまだ自分は怠けていたと、恥ずかしく思いました。

退職までの数ヵ月、いろいろな気付きをいただきました。

ありがとう存じます。

美直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:58:19
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、本日もお気遣いいただきありがとうございました。
そして今日も大笑いの一日でした。

毎回ですが、マッサージの時間は有り難い気づきの時間でもあります。
笑い話の中にも聞き逃せないメッセージがちりばめられていて、今の自分を顧みるきっかけになります。
リラックスされている時も、何気なく示唆をくださり自分のやるべき事が見えてきました。

マッサージでは、中々ご希望に添えることができず心苦しいですが、真っ直ぐに示されたところへ向かうことこそが、ご恩に報いることだと思います。

どうぞ今日はゆっくりお休みいただけますように。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:43:46
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、本日はマッサージをさせて頂き ありがとうございました。
また、お心遣い頂き、本当にありがとうございます。
少し前に無事に帰宅致しました。

どのお言葉の中にも意味があることを あらためて心したいと思います。

唯先生、どうかゆっくりおやすみになられますように。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 18:12:00
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
ご縁日のご奉公をさせて頂き、
ありがとうございました。

ご縁日の時、
唯先生が、聖天堂の飾り棚の中のもの達を一つ一つ手に取り、
棚に並べ直しされている後ろ姿を見て、
私は、こんな風に自分の身の回りのものを気に掛け、
大切に出来ているだろうかと感じました。

唯先生の引っ越しのため、色んな荷物と一緒にピエロの人形をお預かりしていた頃、
私がその部屋にいるときに、
突然ピエロの中のオルゴールが鳴った事にビックリして、
思わず唯先生にピエロが泣きましたとお伝えしたことがありました。

あれは、こうしてものを大切にされる唯先生の元へ帰りたいと言うピエロの人形の想いだったのだろうと今思います。

生きている者でなくとも、
もののけというお話をしてくださったことがあったように、
大切に活かしたり、想いを込めたりと、
周りのものや事に心を働かせたいと思いました。

そして、お団を頂き、ありがとうございます。
しっかりパワーを頂き、
また挑戦したいと思います。

唯先生、
ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 10:23:28
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

本日はお世話になりますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:09:23
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログを通じて美直子さんの様子をお知らせ戴き、ありがとう存じます。
少しでもゆっくりできるいいですね。

くうとナナは真夜中の運動会をすることがありません。
昼間よく走っていて満足しているからでしょうか。

ブログに平成20年11月23日の聴快会のお話が掲載されていました。
『儒教というのは、今世しかない、今しかない、だから、来世はない。
だから、死んだらって…死にたくないっていう思いが、
お墓を作って、生活のできるような形にいっぱいしていくんやと。
だけどその尼さんはそうではなくて三世の法って御釈迦さまが教えておられるって。
前世があって今世があって来世がある。
そうすると、「今、こうやっといても、来世にこうなってくるんやよ」って話をされて、
みながその話に、「あぁ、なるほど」と思われて。
で、お寺をしていきたいからって言われたら、
こんだけの大きなお寺ができたっていう話をされてて。

その時に、私、三世の法、そこから…その話の続きの中で、
三世の法を説かれたんですけど。
2500年前の御釈迦さまが説かれた話って聞いたんですけど、
私、おばあちゃんに聞いてた話やと思って。
その三世の法的なそういう専門用語で喋らないだけで、
ずぅっと教えられてきたことは、そういうことなんやって。

私ずっと言ってますよね、来世も現世も…。
だって、考えてみたら今日という日は何ですかって言ったら、
「11月23日 日曜日」ではなくて、昨日の上に成り立ってる日なんですよ。
で、明日って続いていく。
でも、決して「明日」は来ません。
11月24日は来ますけどね。
その日はそんでまた「今日」なんですよね。
だから、「昨日」があって「今日」
で、明日が来るというだけであって、「明日」という日は来ません。
ずっと「明日」のままなんです。
せやけど、何月何日とか言い出したら、確かにそれはありますよ。
だから、それをずぅっと辿っていくと、続きの中であるものは同じやと。
そういうのも同じで、ずぅっと続いていきますよって話をされてて。』
『あのね、続いてるんですよ、すっとね。全てのものが続いてます。』

大切なことをご指導戴き、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.