会員の方からのメール

2019/7/31 水曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:00:39
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、今日の暑さには参りました。
部屋から一歩出たら、もう蒸し風呂状態でした。
ちょっと用事をすると汗ダラダラなのですが、意外と汗だくになるのは快感でもあります。

ちょうど一年前の今日は、安楽寺への引っ越しの前日で、眠れない夜を過ごしていました。
一年お世話になって、安楽寺の動物たちとも仲良くなりました。
ただ、一年かかってこれかいっ?って言われるぐらい、成長したところは残念ながら…相変わらず恥ずかしいことをしでかしています。
中々、自分を変えるって、並大抵ではないです。
しかも、相当の問題児(いい大人ですが、見かけは)のようなので、唯先生には本当にご苦労をお掛けしており申し訳ございません。

けれど、いろいろと考えてみると、この一年、本当にお陰様で、無事に安楽寺で過ごせたことが一番有難いことです。
あらゆることをお護り戴いてのことだと感謝の気持ちしかありません。

明日からも、気持ち新たに、よろしくお願い申し上げます。

又、明日のご奉公も合わせましてよろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:49:44
弥生です(携帯からです

唯先生

ありがとうぞんじます。

今日も猛暑の一日でした。

先生、お身体のお加減は如何でございますか。

明日のご縁日に、お詣りをさせて頂く事が叶わず
申し訳ございません。

母は頑張っていてくれます。
当たり前の事など無いと、心致します。

ありがとうぞんじました。
弥生

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 16:07:11
由佳です(携帯から

ありがとう存じます。

ご縁日のご奉公をさせて頂けますこと、ありがとう存じます。

その際に、お香1箱、お写経用紙1冊、筆ペン1本を頂きたく存じます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
由佳

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 16:06:52
房子です 内緒で

有難う存じます
長らくの御無沙汰申し訳ございません
日頃の御守り頂きまして有難う存じます
猛暑が続いていますがお変わり御座いませんでしょうか
どうか涼しくしてお過ごし下さいませ
おじいさんも入院して治療がやっと 6コース目となりこれで後は外来診察になるようですが29日に 6回目の入院しましてあす退院と成るようですが
家族みんなが気を付けて接していってあげないといけないのですがむつかしいです
暑いですので元気な私たちでも 困ります
いつも左手首のお念珠をながめてはお陰様やわ と申しております
本当にいつも御守り頂きまして有難う存じます
就寝まえ起床した時 ああよかった 無事 1日がすごせたわ と両手をあわせて有難う と心の中で申しております
先生も猛暑の中 呉々もご自愛下さいませ
又これからもお世話になります
有難う存じました
房子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 10:40:46
由佳です(携帯から

ありがとう存じます。

唯先生、暑い日が続いていますが、お身体の調子はいかがでしょうか?

明日、お朔日のご縁日のご奉公をさせて頂きたく存じます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
由佳

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:47:09
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
明日のご縁日にご奉公をさせて頂けますこと、ありがとうございます。
お大根もお持ちさせて頂きます。
何卒宜しくお願い申し上げます。
母ホワーンお願い申し上げ
チーとモモも暑さで少し食事が減ってきてはいますが、朝早くから元気に遊んでいます。
最近は1階の探検が楽しいようで、早くからおねだりをしてきます。
お昼間は父が2匹の様子を見に行ってくれているようで、
この暑さなので心配だったのですが、有り難いです。

唯先生、ありがとう存じます。
お体どうかご無理されませんように。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:10:16
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
暑いですが、お身体の調子はいかがでしょうか?

お朔日のご縁日のご奉公をさせて頂きたく、
何卒よろしくお願い申し上げます。

明日は、私用で安楽寺に伺わせて頂く時間が遅れてしまうかもしれませんが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

カールもピノも暑さで少々動きがゆっくりのような感じですが、
元気に楽しく過ごしております。

主人も相変わらずピノ命です(笑)
それを見ている私も幸せです。

両家の家族とも暑さの中、それぞれ頑張ってくれているので、
本当にお陰さまです。

日々運気が積めているかは何とも言えませんが、
笑顔だけはわすれず、
運気を落とさないようにまずは口を謹んでまいります。

唯先生、
ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:08:34
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

明日のご縁日でご奉公させて戴きたく、お願い申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:08:21
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログを更新して戴き、ありがとう存じます。

ナナは三つまたトンネルに隠れ、私やくうがそばを通ると、
バッと出てくるというこまだをやっています。
すごい勢いで出て来て、シューっと床を滑る姿は漫画のようです。

過去のブログにMDに関するお話が掲載されていました。
『MDは皆さん、自分が何回もMD聞いてるけど聞けてないはず。
その度ごとに答えは違うはず。
それは大事なとこを聞いてないねん。
自分の思い込みで、「そうや!」って聞く。
何かあった時は、また違う角度で聞いた時に、
「うゎ、こんなんも言うてくれたはる!」ってわかんねんけど、皆違う。
自分が、「こうや」と思ってる時はその形で聞いてるから、
「やっぱりこない言うてはる」
全部聞いたら…通して聞いたら、関係ないことは言ってません。
もっと小さなことにもいっぱい裏がある。
断定的に言うてる時でも最後にちゃんと答えは出してます。
「だけどそれはこういうことやで」って言ってる。』
(平成22年3月25日のグループ接心)

『同じものを何回も聞く時もきっとね、聞けてないのが残ってんねん。
自分がここで笑う、とかいうパターンもあるやんか。
こない言わはったから笑うというとこへんで笑えたり、
それからこの話はこうなっていくって知ってるやん。
でもね、全然違う…意識が違う時は、「こんな話もしてはんねん!」と思えたり、
「えっ!こんなことも言うてはったんや」と思うと。
細かいとこ拾える。
それはその自分の中に潜在意識に入ってるやつが、それを拾うねん。
今、この言葉やと。』
(平成22年5月30日の個人接心)

『MD・会報・ガイド』は人生の年金?
「MD・会報・ガイド」は…この国の「年金」の様に目減りは…しません。
あなたに取っては…この後の人生に…
常に活用して頂ける「魂の年金」でありたいもの…。
人生の岐路に立つ時… ご自分を見失いそうな時…
「マグマ」と言う煩悩が…蠢(うごめ)きだした時…
嵐(心が…)の夜 心細さに朽ちそうになった時…
もちろん 嬉しさで…有頂天に… 心を引き締めなければ…の時も…
そして 日々ちょっと…今日の心構えは…
な〜ぁんて時も…無心で…紐解く…のです。
そうです 今日の…明日のご自分の来し方が…答として
でも甘い優しい言葉はありません。
しかし 今のあなたに必要なこと…為すべき事…で溢れています
ご自分の中に問題意識としての「種」をしっかりと抱えて進むこと…
「人生はご自分と戦うために生まれて来た」その事を…その言葉を大切にして…
人生をしっかりと生きて頂くため…
人間の弱さを含めて唯(わたくし)がしっかりと抱き抱えたい…
そんな熱き想いを込めた…深い愛に? あふれています。』
(平成23年7月のSTYガイド)

もっとしっかりMDを聴かなければと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2019/7/30 火曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:28:14
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

今日は、唯先生のお誕生日で、二人でプチお誕生会をしました。
こんな日に私は、またまた失敗してしまいましたが、唯先生のパワー炸裂で楽しいひと時でした。

また、毎年戴かれる東明さんからの超大玉のスイカを私もご相伴にあずかりまして、ごちそうさまでした。
どこを食べてもとても甘くて、汁まで飲み干してしまう程、美味しいスイカでした。

幾つになったっけ?と指折り数えておられる唯先生のお誕生日を、一緒にお祝いさせて頂ける日が来るなんて夢のようで、私もとても幸せでした。
来年も、是非ご一緒させて頂けることを楽しみにいたしております。

今日の菜穂美さんが載せてくださった唯先生のお言葉の中に
「流れの中で 無駄な抵抗したら沈んでしまうねん」とありました。

今の環境で、自分の心の中で基本になっているものをしっかり見つめながら、真っすぐに進んで行きたいと思います。

「なんで神仏さまは、こんな子を私に託しはったんや〜」と神仏さまに聞きたいと仰っていました。
どうか、お気持ちは分かりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.