会員の方からのメール

2019/3/31 日曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:14:49
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、今日は義母の所へ春物の服を届けてきました。

夏に入所したので春物が無いらしく、脱ぎ着のし易い、けれど着る物には拘っていた義母なので、きれいな柄の、ちょっとわくわくするような服を買って持参しました。
お蝋燭が消えると教えて頂いてから、(私にできることはないのですが)せめて…と考えて、今日は義母をロビーに連れ出し、コーヒーを買い、おやつを食べ、二人でお茶してきました。

今まで面会に行っても、話は通じないし、どうしたものかと思っていましたが、どんな服が扱いやすいかとか、面会の際にはどんな差し入れを持っていったらよいか、
など、色々と志真さんにお聞きして、(あー、そうか)と思うことが沢山ありました。

単なる自己満足かもしれませんが、少しは義母に楽しんでもらえたかな?と思います。
これからも、たまには顔を見にいこう、と思いながら帰って来ました。

今日の服装は、唯先生にオッケイを頂けたので、最高の気分です。
あんな感じを心掛けて、服装選びにも気を付けていきたいと思います。

明日のご縁日のご奉公、よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:01:36
育代です。携帯です。

ありがとう存じます

唯先生、こんばんは
春というのに、冷たい風が吹いています。
お体の調子はいかがでしょうか。

先日は、リズム表をお送りくださり
ありがとう存じました。
お礼のメールが遅くなり、
大変申し訳ございませんでした。
いつもありがとう存じます。

また、なかなかお伺いできず、
本当に申し訳ございません。
この度、内示があり、教育委員会の研修施設に
異動することになりました。

今までは、動物の世話や様々な体験活動を通じて
不登校を経験したこどもたちへの直接的な支援や
学校現場での研修を担当していましたが、
4月からは、特別支援教育の研修と、
保護者や教員の相談が業務になります。

どちらの職場も望んでも行けないと言われています。
何より、こちらはたくさんの命に直接
触れることをさせていただきました。
動物たちのとお別れが本当に寂しく、
いつもこんなにも重い私を乗せてくれた馬には
何度も何度もお礼を伝えました。
馬も山羊もすりすり寄ってきてくれ、
涙がこぼれるお別れになりました。

色んな仕事を与えていただけることに本当に感謝です。
また、新たな挑戦が始まりますが、不安も多く、
まだまだ勉強が足りませんので準備に備えながら
いち早く一員になれるよう臨みたいと思います。

ありがとう存じました
育代

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:59:17
弥生です(携帯からです

唯先生

ありがとうぞんじます。

先生、お身体のお加減は如何でございますか。

明日のご縁日に、お詣りをさせて頂く事が、叶いません。
大変申し訳ございません。

日々ブログを更新していただき、
ありがとうぞんじます。

『下手の考え休むに似たり』浅い考えばかりです。
深く、きちんと、考えられる様に、
一つでも乗り越えたいです。

まだ寒い日が続く様です。
先生、ご自愛下さいます様、お願い申し上げます。

ありがとうぞんじました。

弥生

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:40:53
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
昨夜のメールの名前が抜けておりました。
失礼致しました。

そして、大変申し訳ございませんが、
本日、アパートの引き渡しを済ませてから安楽寺に伺わせて頂きますので到着が12時ごろになりそうです。

また途中で連絡致します。

何卒よろしくお願い申し上げます。
ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:40:24
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
お体の調子はいかがですか。

明日のご縁日のご奉公、何卒宜しくお願い申し上げます。
また、マッサージをさせて頂けますこと、ありがとうございます。
お大根をお持ちさせて頂きます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

あっという間に今年も3カ月が過ぎました。
無事に過ごさせて頂きましたが、
やり残していることも多いと思います。
少しずつでも進めていかなければと思っています。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:05:23
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログを更新して戴き、ありがとう存じます。

くうとナナが低い姿勢で頭を突き合わせ、
何か相談しているかのような体制になっていました。
何をしているんだろうと覗いてみると、2人の間に虫が。
2人で一生懸命観察しているようでした。

過去のブログに平成20年7月7日の緊急集会のお話が掲載されていました。
『私の中にできてたものを、どうってことやなくて伝えた。
もちろん、そら、言ってもらったからすぐ形にできてることと違うし、
そこには努力もあるし、向いてへんのかなって思って悩むこともあるし、
思うように動かないこともある。
だけど、それを頑張ってくるから手に入れられるものがあるってことや。

だけど、何かわからへんけど、先、自分があぁやのこうやのと言ってしまうと、
言う毎に私の中にあるものが消える。
「まぁ、あんたの人生やからええけどな」ってそういうことになんねん。
全てそうやで、別に。
私が責任を負わんなん人生はどなたにもないねん、ここには。
お金出してきてくれてはっても。
「これ百万円ずつ出したら先生責任追うてくれはるんですか?」って、
そんな話よう引き受けんわって思うからな。
皆、自分で引き受けていかないかんねん。

だけど、この人には何かが視えてるとか、
この人のことやったらって思ったら聞け! と思うねんな。
せやのに、どとかことか…。

あのね、人間っていうのは、根底にあるものは皆寂しい。
だけど、どんなに寂しくなくて、愛してくれる人がいて、
好きやの愛してるやのって、それこそ…あの、何とかいう人やないけど、
ずぅっと彼氏が腰に手まわして、外国の人いてたやん。
年下の人と結婚した人…何とかキャリー…マラリヤ・キャリーちゃうわ。
なんかわからへんけど…こうしてやってるやんな。
そうしてそんな人がずぅっといて、ずぅっと一緒にチュッチュやってたとしても、
一人なんです…死ぬ時はね。
心中しても一人です。
一緒に息止まったりしません。
横で苦しんでて、自分も苦しむんです。
その孤独をどうやって自分のものにするか。
自分の人生にどない変えるか。』

『菜穂美さんが書いてた、「あなたの舞台は…」って…ちょっとだけちゃうで。
あなたという役を演じてる。
魂があなたという肉体をもらった時、
で、もちろん、そこで名前をもらったわけやろ?
〇〇といううちに生まれて、菜穂美という名前をもらった。
〇〇菜穂美…でも、私、〇〇さんって、「菜穂美ちゃん」って言うやろ?
それは、たった一つ、あなたについてんのはそれだけやから。
あなたはそれを固守して、その名前ごと戻してるけどな。
だけどまぁそれは別にして。

自分という人生のストーリーを自分が演じてる。
その舞台やから、見事に演じて見せたらいいねんって。
女に生まれたから女を演じる。
男に生まれたから見事、男であってほしいと私は思ってる。
姑息な生き方はしてほしくない。
それが基準。』

『それともう一つはブログに書いてたみたいに、
「痛い目に遭わなわからへんねん」って言葉が最後に出た。
最後に出たってことは、
「痛い目に遭わへんかったらわからへんのが答えやけど、
痛い目に遭わんとわかりたい」って東明さんでもいつも言うねん。
言った通りのことになってるから、
「もう、先生、もうそれはいいです。ほんとに知ってますから」
ってよく言うねん。
だけど、痛い目に遭わなわからへんっていうことは、
神仏さまが見捨ててはれへんってことやろ?
その痛い目に遭わせて、
「これでもか!それでもお前わからんのか!!」って言わはんねん。
言わはらへんかったら黙って何も起これへんだけや。』

『確かに、この人にはこない言うた、
あの人にはこない言うたとフッと覚えてるだけで、
消してしまうのはあなたや。
私に視えたものを消すのはご本人や。
だって、周りの人は、「えぇ?!あの人はでけへんと思いますよ」言うたって、
「あんたに関係ない」って言ったら終わるやない。
本人が「いや、だけど…でも、今、こうで、こうで…」
はいはい…好きにしたらええ。
消えてもたものは修復は効きません。
あんたが持ってるねんで、消しゴム。
わかってるか…自分で持ってるねんで。
その消しゴム持ってきて消すんやで。
私の考えてる…考えてるちゃう、降りて来たもの。

真っ白な心で聞いて、それを写し取っていったら、
神仏さまのストーリ通りに生きられる。
ストーリー通りは私が決めたことや。
決めたことを違う方にとる。
使命とかへったくれとかと違うことや。
黙ってやってればそれが使命に繋がるだけのことや。
「それは何なんですか。説明してください」って言って説明出来たら、
いつも言うみたいに、私は博士論文取れてます。
そしたら霊能者という、きちっとした箔をもらいます。
「世の中に私ほどの霊能者がいてると思うか!!」ってここで言うたらええわけや。
何の箔もないのはそう。

田舎では拝み屋さんって言うのよね。
私、東明さんとこの大工さんに言われてん。
「先生とこ行ってくる。大阪の先生とこ」って言うたら、
「あぁ、拝み屋さんの先生」って言われるねん。
なんで拝み屋さんやねんって私は思うねんけど、田舎の人は拝み屋さんみたい。
霊能者ってのはよく騙してるやろ? 悪いことしてるやろ?
拝み屋さんってのはどうも騙してる部類に入ってへんみたいやな…わからんけど。
ちょっとだけましなんかなと私は思ってんねんけど。
拝み屋さんていうのは、
どうも私の中の雰囲気とはちょっとちゃうねんけどって思うねんけど、
「あ、拝み屋さんの先生とこ」って言わはんねん。』

『基本は、誰かがどんなふうに幸せになるかっていうことより、
どう変えていけるかって…どっかで基本。
自分の為やと思った人生はありません。
誰かの為と思うと、みな自分に返ってくる。
だって、皆が誰かの為…皆が誰かの為と…
きっと、私の為と思ってくれてはる人がいるから世の中変わる。』

唯先生に貴重なご指導を戴いていることを本当に有難く思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2019/3/30 土曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:48:13
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、久しぶりにまとまった雨が降っています。
マーちゃんも、今日はずっとゲージの中のようでした。

先日のグループ接心で「損か得かの人生ははないんです。あなたの大きなレッスンや。その為にこれがある、それをいつの間にか忘れて生きてる」
とおっしゃってくださいました。
確かに、断片的ですが今までご指導頂いた事を思い起こすと、何となくですが、分かる気がします。
そして、多くの事で、神仏さまにお計らい頂き今があるのに、唯先生のおっしゃるようにできないということは、時間を無駄に過ごしているようなものです。
色々と多方面で調整して頂いているのに、今一つ理解できず、又おっしゃる通りにできていないことが多いです。
仰ることの核心にまでは、まだまだたどり着けていませんが、こうなりたい、と思う強い気持ちで、日々、過ごしてまいりたいと思います。
なによりも、この歳で、大きな目標へ向かわせて頂けることを有難く思います。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:46:42

ありがとう存じます。

唯先生、
ご体調はいかがでしょうか?

お朔日のご奉公をさせて頂きたく、
何卒よろしくお願い申し上げます。

明日は、11時頃安楽寺に伺わせて頂きたく思います。

カールもお陰さまで元気に過ごしています。

荷物を必死で片付けて、
昨日、居間に入れてみたのですが、
あまりの嬉しさに大暴れでした。

古民家の寒さはまだまだ厳しく、
まだストーブを焚いているのを倒しそうなので、
様子を見ながら一緒に過ごしたいと思います。

カールが暴れる姿を見て、
マーちゃんが居間にいた頃がなつかしいなぁと、
マーちゃんと遊んだように、
ボール遊びをカールとしようと思っています。

猫ちゃんも、
ネットを見たり、お客様にもお話しながら情報を集めています。

半年後はどんな生活になっているか楽しみです。

唯先生、
ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:46:14
ひろみです。

ありがとう存じます。

唯先生、今日もブログを更新してくださりありがとう存じます。

最近の一連の書き込みから、
自分の勘を磨くことの大切さをひしひしと感じています。
いつも唯先生から教えて戴いている日々の決断力です。

最近は自分の未来が少し見えて来たので、それに向けて何をすれば良いのか
何か必要なのか不要なのか、迷うことが少なくなったと感じています。

それでもまたに、「これは今やっておいた方がいいのかな?」と思ってしまうことがあります。
最良の結果を引き出そうと狙い過ぎてチャンスを逃すパターンです。

結局はまだ損得感情が出ているのでしょうね。
何か頭を過ったことをさくっとやってしまう癖がまだ付いていないのだと思います。

先日久しぶりにお天気が続きそうな予報が出ていたので、
「今週末は洗車だ!」と思っていました。が、その週末が微妙なお天気。

せっかく洗車しても週末の雨で台無しかな?と損得感情が出て来てしまい、
どうしようかと迷いながら。。。。

でも、やっぱり今洗っておかないといけない気がしたので、曇り空でしたが
早朝から洗車に行きました。
そして、ピカピカになった車を見て、一気に気持ちが晴れました。

悩む時間こそが無駄だった、と自分のバカさ加減に笑えて来ました。
そしてその週末は大して雨も降らず、翌週はお天気の中、
ピカピカになった車を気持ちよく運転出来ました。

頭に過ったことはさくっと行動し、その繰り返しで勘を磨いて行くことにします。

唯先生、いつも貴重な教えをありがとう存じます。

ありがとう存じます。

ひろみ

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:14:31
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
今日のお身体の調子はいかがでしょうか。

くうとナナが朝からじゃれ合って遊んでいて、2つの鈴の音が時に激しく鳴っています。
幸せな一日の始まりです。

過去のブログに平成22年2月25日のグループ接心のお話が掲載されていました。
『もっと大事なことは、 
自分自身が知らない自分の心を何かのチャンスで知らせてもらう。
とすると気をつけなあかん。
そんなんきっと遭遇する。』

『良いものも悪いものも皆持ってるからね。
できれば良いものを活かして生きていきたいし、 
その悪いことすら使いようによったら…要するに…「劇薬」という言葉。
分量間違えへんかったら…な? 物凄い効くものやろ?
薬でよく言うやん、「一つ間違えたら劇薬」っていうことは、
微妙なものやっていうことは、その悪いものすら使えるってことやろ?
その為に生まれてきた。
自分と戦うってことはそういうことやと思うねん
持ってる悪すらも良い方面に使えるかどうか。
ちょっとだけだせば…そんなこと考えたらできひんで。
それをず〜っと何でもない話の中から自分の中に蓄積していったら、
聞いてへんかった話でも、さっき言うた話みたいなもんやな、
なんかぱっと手が出てたとか。
後から考えてみたら、「あ!! あれはこういう意味やったんや」って自分で思える。
だから、「これに対してはどうですか?」って、 
いちいち何か教えて貰うことときっと違うな』

悪いものをうまく使うということをご指導戴いていることを有難く思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.