会員の方からのメール

2019/1/9 水曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:32:19
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、今日はご馳走様でした。
美味しいおやつをパクパク食べておきながら、またまた失礼な言葉を口走ってしまい、本当に本当に申し訳ございませんでした。
ご指摘頂くまで全く気づいておらず、いつものパターンで、これでは何気なく毒を吐いて歩いているようなものです。
せめて無意識に人を傷つけることだけは避けたいです。
だいぶ前に、言葉を発するときには一呼吸置く、とご指導頂いたことを思い出しました。
ちょっとあまりにもボーっとし過ぎている気がします。
言葉の持つ力は善にもなれば悪にもなります。
しかも吐いた言葉は戻りません。
不用意な言葉とはさよならしたいです。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:38:12
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログを更新して戴き、ありがとう存じます。

くうとのゴム遊びに疲れてきました。
昨日も帰宅するとすぐ、くうがゴムを持ってきて、
私のそばで「ザ・ネコ」ポーズで待ち構えていました。
今もくうは前脚の間にゴムを置いて、寝そべっています。
いつでもゴム投げできる体制を整えているようです。

過去のブログに育代さんが起こされた、
平成21年2月7日の個人接心のお話が掲載されていました。
この中で話されている満月のお話は、
今聞いている平成20年6月10日の聴快会でのお話と重なっています。
『私が言うってことはずっとそれはもう決まってることなんや
決まってるから私が言うて来たけど 
確かに神仏の声やって言い方すると
「我は神なるぞ?」って言わないとあかんけど
決まっている神仏様のストーリー通りのことが出てきてるねん
…と思ったときに 
満月が…こうなって…こうしたやつでお蔵入りになったやつがあるやん?
って思ったら、そうして表すことやないなぁと思ったの…

びっくりするぐらいのことが起こってるから…現実にな。
言うやろ? 普通良く…“傲るなよ、月の丸いのは一夜限りかな…”
一夜ちゃうねん、本当はな…その時点だけで、 
私たちの目に見えへんくらいに欠けていってんねんで。
だから一夜限り違うねん、ほんの一瞬限りなんや。
でも私たちの見る目で言うたら、一晩経って見たら、
ちょっと欠けてたっていうくらいのことなんやけど
それを「傲るなよ…」って言うんやけど、それくらい恐いことや…と思った時、
形にしたいと思ったんやな…こんなことでも皆な。
ちょっとでもあなたたちが見て分かるようにしたい。
で、後誰かが続けられること。
それだけで、これ(リズム表)でもチェック入れてるで私。 
で、これ物凄い増えてきたら困るなぁと思ったんやけど、
パソコンでも時々間違いよるから。
例えば15のはずやって、パソコンが18やったら、
私が間違ってるのんかパソコンが間違ってるのんか分からへんから、
私の計算式をダ〜って書いて、合うてへんかったら入れ直すねん。
そうでないと来月もまた間違うから。
それで全部チェック入れてるねん。
パソコンの中で並んでて、物凄い見にくいねん。
色変わったりせえへんからな。
物凄い疲れることをやってるねん。
継続する人と辞めて行く人もあるから
継続するときは直ぐできるように作ってあるけど、その時はバラバラやろ?
しょっちゅう見ながらその計算をずっとやってるから、
○○ちゃんが、「地味な仕事をしてはるんですね?」って言ったけど
本当に地味な仕事をずっと続けてる。
でもどっかで誰かがそれだけでも継承できる…?
要るかどうか別やで? だけど継承出来るようにしたい。

で、言葉に出したことのその思ってることの一番近いのは何やろうって思って、
色んなものを見てたら、
十干十二支やったりとかね…で、満月がどうこうではなくて、
その中に周ってくる…私が考えてる中の、
例えば30年周期、60年周期で言えば割り易いかなぁ…とかって
思ったりして作っていったんやけど、 
やっと出来たって思ったら、
「お蔵入りになりました…」って言われたんやけど、「もうええわ…」って言って。

で、こないだもう一回出してみてんで、たたいてみようと思って。
どうもたたいてもあれ一緒やなぁと思ってそう思った時、
あー何の計算式が違うんやろうかな…と思って。
そうすると、出されへんものはやっぱりあるってことやなぁ。
どこかで狂てくるんやと思うねん。
その修正は…きっと私しか出来ひんねやろう。
だから本当言ったら「もうあかんはずやのに、でももうちょっと続くやろう…」とか
その微妙な、それこそ4年に一回うるう年がある…みたいなものやな。
どっかで帳尻合わさなあかん

でも400年に1回うるう年がなかったわけやろ?
この前2000年の時そうやったんや…400年に1回うるう年はない。
4年に1回あんのに、400年に1回ないねん。
その時に遭遇したから分かってん。
これ永久に4年に1回って私たちは思ってるやろ? ちゃうんねん

それで満月やの新月やの言ってるのもそれが必要やって言って私がね、
ある先生に電話かけて聞いたときに
「2035年に月のリズムが変わります。それをNASAで計算しています」
それすらも軌道修正しなあかん…
って言うことは 絶対はどこにもないってことや…
お月様に合わせてもあかんし…ってことやろう…? うるう年もそうやし…
時間すらも少しずつずれてきてる…
その軌道修正出来るのは人間だけやねん
人間って降りてくる言葉だけやで
人間全てが出来るってことやなくてな
伝えられるのは、例えば私なり…って言うことでしかないってことや

だけど同じ観点で物事を考えた人が例えば同じようにやったら伝えられるけど
違う方法をその人が考えはったら…どっちが正しいのか別にしてな…
それは違ってくるやろ?
そんなものに私は手を出してるってことやな。
何とか形にしたいと思ってる…
だから、お蔵入りになったのはそう言うことやったんやと思う…

その時、2035年て…そんなん生きてへんわぁ…と思ってんな
え?っと思ったんや… まだ2000年が来るかどうかの時に電話したから
ここ10年くらいでええわって思ってたんやけど…
でももう10年経ってまうけど…聞いたときから言ったら10年経ってるねん
2035年まで後25年しかないねん…
「その時に月のリズムが変わります。その軌道修正をNASAでやります」って
物凄い大層な話やと思うやろ?
占い師が考えるのん違うねんで、地球規模やからな。
自然界の摂理やからな』

『だから 400年1回とこの2035年は関係ないで
でも少しずつ皆がずれて来てるねんな 
せやから地球の自転と太陽の廻ってるのんと 
月の廻ってるのんがみんなが違う形で動いてるってこと
それやのに、「こうです!」って決められへんものがある。
全てのものがな… 
だから自然界と離れては 私たちは考えられへんし…
よく東明さんに「人間に生まれへんかってもな…」ってずっと言うてたら
「先生はミクロやマクロの話をしてはった 分からへんかった…」と
「ところが NHKでやってたことがある…」 細胞みたいなものが
ミクロやマクロみたいなものが遺伝子みたいなものがパーッと飛んで
あかんようになったところに新しいものが入っていくから続いていくねんて
それで落ちた細胞みたいなものがまたどっか飛んで行って再生するねんて
今度は犬や猫や…そんなところに行くねんて…
この地球上にあるもの全てな…それはバイキンも含めてな…
肉体にあるものは全て…で、それを見てたとき
「ずーっと先生が言うてはったのはこれやと思った 
あないして見せられたら分かった。
何を言うてはるのんかずーっと分からへんかった」

だから人間は必ずしも人間に…
“命の数は同じ”やってずーっと私言ってるやろ?
な? だから何かが増え過ぎると何かが絶滅する…
地球上の数なんて読めへんで、だけど例えば100としよう
100のうち私たち人間が10しかないのに 
あらゆる物が10やら5やらで存在してて、人間が10やのに30やったりしたら
絶滅するのんが出てくるやろ?
“命の数は一緒”やってずっと言ってきたことやな
「それがこういうことやったんですね…って思いました」って
命の数は変わらへんねんで、犬やったり猫やったり
人間やったりサソリやったり…
全ての命って私言ってんな。
要するに生まれてきて消えていくもの…
この世に一旦存在して枯れていくものとか死んで行くものとか…
って、こないだも言っててんけど

“自分の生命すら 神仏様からの預かり物”やって…
そうすると このままね還すことやし…還されへんで
勝手に還したらあかんし、生命を全うさせることやし 
この身体も神仏さまからの預かり物 
生まれたままではないで。
年と共に生きてきて…ダメになっていくものがあったりするけれど、
でも出来ればそれは自然の風化はええけどな。 
出来るだけ傷つけずに綺麗に生きてて還さなあかん。
で、もう一つは未病のままで抑えられるかどうかな。
病気に到達しないように自分をコントロールすること。
“神仏様からの預かり物”を大切にするってこと
生命を粗末にしたらあかんっていうのはそういうことやと思うねんな…』

私たちがきちんと生きられるように、唯先生が時間をかけて、
いろんなことを考えてくださっていることを有難く思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.