会員の方からのメール

2019/1/7 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:13:45
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、無事に契約が終わりました。
娘も一緒に来てくれ、義母にも面会してきましたが、相変わらず元気に歩き回っておしゃべりしていました。
もう何も分からなくなった義母を見ていると、人が拘っていた物、事は最後には何も無くなって、身一つになるんだ、と思わずにはいられません。
今、義母の中に残っているのは義母の生き様のみです。
結構明るい性格だったんだなあと思います。
終の棲家で、スタッフの皆さんに面白がられ、可愛がられて過ごせたらそれでいいのかもしれません。
何のしがらみも無く、不安も無く、楽しい時を過ごしてもらえたらと思います。

けれど、私がこう笑って思えるのも、義母は自分自身が最後まで生活できるだけの物を残しているからです。
それが無ければ、現実問題としてこんなに笑ってはいられないと思います。
汚い話ですが、老後を自分で賄うだけの貯えがあるかどうかは大きな問題です。

老いてどれだけ生きるのかは誰にも分からないからこそ、老後への備えは、これからの大きな課題です。
もう、私もそこまで来ています。
せめて、自分のことは自分で始末できるように、しっかり働いて残しておかなければと思います。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:06:30
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
今日のお身体の調子はいかがでしょうか。

くうはゴム遊びを続けています。
1人でも遊びますが、「にゃ〜ぁお」と鳴いて、
投げてほしそうにすることもあります。
投げてやると素早く取って来て私のいる場所の少し手前に落とします。
「少し手前」というのは犬のパターンと似ているように思います。
もっと手元まで持ってきてくれると嬉しいのですが。

新しく聞き始めたのは平成20年5月18日のミーティングのMDです。
『「心の鏡」磨いていますか?
あなたの…そして 相手の心を映す鏡…です
心を映す鏡…しっかり磨けば…一点の曇りも ないように磨けば
あなたの 相手の 綺麗な心が 映ります 美しい物を映してくれる鏡です
世の中の汚れたものから 目を背けたければ…
見たくなければ…しっかりと磨くのです
「心の鏡」は あなたの心の中にないもの…は 映さないのです
ご自分の心の中にないもの…を 他人の中に見て
憎み 腹立たしい思いは しないもの…です”

「あの子はな、あの子らはな…」って思う心が自分の中にあるとしたら、
それは、あなたの心の中にいっぱいあるからです。
ないものは映りません。
「あの子のこんなところが嫌いなんや!」と思ってるとしたら、
その嫌いなものをあなたがいっぱい持ってるから嫌いなんです。
どうして人の良いところが映せないんですか?
他に行ってるんやないんですよ。
唯の部屋に来てるんですよ。』

『心の鏡、磨いていますか。
あなたの中にないものは映しません。
ご自分の心が感じることが、相手から感じるということは、
ご自分の中にあるということです。
「こう思うねん」「こうやと思えへん?」っていうのは全て自分の中にあります。

食べたことない梅干を原住民の人に見せても、
そのままニコニコ笑って口に入れるでしょ。
梅干見せられただけで酸っぱくなりませんか?
レモンで、例えば、傷したとこ、ピュッと…
「いやっ!!」って考えただけでキュッとなるでしょ。
体験してなければならないんです。
思ったことなければそれは腹立たないんです。
全てそういうことです。』

よいものをたくさん映せるよう、心の鏡を磨かなければと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.