会員の方からのメール

2018/11/9 金曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:30:46
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、本日は遅くまでありがとう存じました。
とても充実の、楽しい一日となりました。
思いがけない事もあり、良い買い物ができ、これから気持ち豊かに過ごせそうです。
第2段の計画も、是非、実現させたいです。
宜しくお願い申し上げます。

今日は何気ない会話でしたが、唯先生の一言に、「なるほど〜」とうなってしまいました。
自分は何事も考えが浅い、と思っていましたが、「深い、浅いっていうのは物事を考えてるってことや。」と言われ、そうか、実は何も考えていなかった…、ということに気が付きました。
毎日、毎日、色んな思いもがけないことに気づかせて頂き、有難いです。

自分は「こうである」と思っているのは自分の勝手な思い込みで、意外と色んな選択肢があるのに、ただ気づけていないだけなのだという事に気が付きました。
自分はこれが好き、あれは出来ない、こうしなければ嫌だという生活スタイルも、単なる錯覚かも…と一度疑問をぶつけてみるのも、自分を変えるきっかけになるのでは…と思いました。
選択肢の幅を狭めているのは、しょうもない自分の拘りに過ぎないことに気が付かなければ、自分を変えることは難しいのではないかと思います。

今日買った物は、きっとこの先もずっと、唯先生と選んだ、想いでの品になるであろうと思います。

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:06:03

ありがとう存じます。

唯先生、本日はご一緒させて頂き、本日にありがとうございました。
先程 無事に帰宅致しました。

マッサージもさせて頂き、遅くまでありがとうございました。
お疲れは出てらっしゃらないでしょうか。
また、お心遣いを頂き、帰りには柿も頂戴し、ありがとうございました。

今日もたくさん笑わせて頂き、パワーを頂きました。
明日から また頑張れます!

唯先生、どうぞゆっくりおやすみ下さいませ。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:35:28
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、16日のご縁日にご奉公をさせて頂きたく、
何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:31:18
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
今日のお身体の調子はいかがでしょうか。

くうを抱っこしているとナナがやってきて揺れるしっぽをつんつんします。
ナナを抱っこしていてもくうがやってきてしっぽをつんつんします。
焼きもちを焼いているのかなとも思いますが、
ただ単にしっぽに引かれているだけなのかもしれません。

過去のブログに平成25年8月11日のグループ接心のお話が掲載されていました。
『「今日は心のコントロールできました」って、そういう時はあるかわかれへんで。
今日はここでパッと言われて、普通やったら言い返してんのに、
我慢したとかコントロールやとかって思わずに、「あぁそうですか」ってすらっと。
「え、私すごい」って思うようなことがあったら
それはコントロールできてんねんけど。
コントロールってことはコントロールとちゃうねん。
コントロールってことは調整するってことやろ?
調整やなくて、「心のコントロールができてません」とか、
「せないけません」とかっていう時は
その調整をしなくってもスルッと行けてるってことや。
もっと以前の話や。
普段の中に自分の中に何を落とし込んでるかっていうのがあって、それからや。
コントロールって言ってる時点ではちゃうやろな。』

『「差が出る方あります」やな。
「環境に流されたり…運気のなさが作用し…心のコントロールができていない方」
運気の差がやねん。
運気って何ですかって聞かれたら困んねんけど、
でも、「運があるなぁ」とかっていうやんか。
それはわかるやろ?
普通の状態で、「あんた、よかったやんか」とかって言うやろ。
宝くじ当たった時は言うてな。
「運よく当たりました」って…黙ってんように。
それと一緒で、運気の差がっていうことは、何を積んできたかやろ?
それが運気として残ってれば…でも言うとくで、
の時に何かほざいたらそんなもん皆飛んでまうねんで。
ほざくって分かるか?…Dという言葉や。

そのコントロールができてないってことは、運気のなさが作用しやんねん。
「心のコントロールができていない方。
今、大切なことは何事にも丁寧に…であれ」
ということは全てのことに丁寧にあれ。
これ以上ないほど丁寧ということちゃうで。
普通やったらこんで終わらせるけど、
もう一押しとかな、もう一声とかってあるやろ?
「さよなら」とかって、「さよなら」って帰るねんけど、
「気を付けてね」とかって一言入れるとかっていうことを全て含めてや。
そんな細かくこんなとこ書けへんからな。
「さよなら」って言った後に、「気を付けてね」って。
終わってまうからな、これ。』

『それはコントロールやなくて、自分の気持ちがちゃんと働いてたら、
意識はなくて言う時ってあるやん。
ものすごく丁寧にっていうのはそういうことや。
「さよなら。気を付けて」とかって、「また明日ね」って言ったりとか。
明日は会えへんかったなとかって思うことがあるけど、
やっぱしもう一声っていう、その心の差や。
それを丁寧であれと…「何事にも丁寧であれ」
「ご自分の心が吹っ飛ぶ、抜けることがないように、礼を逸しない」
丁寧と礼や。
やっぱり、「ありがとう」という心とかっていうこと。』

『「礼を逸しない。出会い頭だけで終わらせないこと」
出会い頭で誰かに出会うってあるやん。
「あ?久しぶりやん」って言って、ほんとの出会いがしらだけやなくて、
忘れてたけど、「いやぁ?元気にしてた?」って言いながら、
でも、「今から授業とか、ごめん」とか言いながら、
「また電話するね」とかって言ったりするやろ?
それで終わらせないってことは、「電話するね」って言ったら、
後から必ずメールを入れとくとか、
「またよかったら、日にちあったらお茶でも飲もね」とかって。
「今日、授業に遅れそうやったから、ごめん」とかって書くとか。
そういうことをきちっとやれるかどうか。
こんな具体的に書いてんねんで。

要するに、「終わらせないこと、いかに深く長く続かせるか。
その努力を重ねていてください。
年齢に関係なくです。
それがこののちの人生を意義深く楽しいものにする術だと
心得ていてほしいのです」』

いかに深く長く続かせるか。
私にはとても難しいことですが目指していきたいです。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.