会員の方からのメール

2018/8/31 金曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:23:53
昌枝です。携帯から。

ありがとう存じます。

明日のご奉公宜しくお願い致します。

それから 本日はご一緒させていただきありがとう存じました。
そこは前から行きたかったカフェでした。
お客もまばらで
上品な場所で タカラジェンヌが背後の
フラワーオブジェの前で写真を撮っていたりして。
香り高いコーヒーが運ばれてきて
まさに優雅なひととき。

にも関わらず・・・その静寂を空気感を
一転させる出来事が?!

先生の由美子さんのいじり方が破壊的だったのか
はたまたタイミングが悪かったのか
由美子さんが笑いを堪えきれず
コーヒーを吹き出したのには
一同お腹がよじれる程の大爆笑でした。
笑い過ぎて 涙が出て
数分息が出来なくなりました。

口の中に含んだものを吹き出す人を見たのは小学生以来です。

うーん由美子さん持ってるな〜
笑い降臨!と思ったのですが
よく考えたら素材を引き出す唯先生の力の賜物かなと思います。
これもプロデュースの一環でしょうか。

由美子さんの明るさは本当に助けられています。
毎日が幸せですね。

ありがとう存じました。
昌枝
iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:08:41
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、明日のご奉公、よろしくお願い申し上げます。

唯先生、本日はありがとう存じました。
何年ぶり(?)いえ、何十年ぶりかもしれません、こんなにお腹が痛いぐらい笑ったのは。
しかも、思い出すと又笑えてきます。
美味しいコーヒーと唯先生と、楽しい仲間、これぞ理想的な笑いのある暮らしです。
こんな感じで老いていく自分の姿を想像して、悪くないな、と思いました。
死ぬまで、何でもないことにお腹を抱えて笑って暮らせたら、最高です。
こんな生活が待っていようとは、嬉しい意味で予想を裏切る結果でした。
これからの私に何が待っているのかと思うとワクワクで夜も眠れません。
いえ、夜はやはりぐっすり眠れます(笑)

ありがとう存じます

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:56:57
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、本日はご一緒させて頂き、ありがとうございました。
先程無事に帰宅致しました。

また あらためましてメールさせて頂きます。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。
貴美恵

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:42:20
弥生です(携帯からです

唯先生

ありがとうぞんじます。

先生、お身体の調子は如何でございますか。

明日のご縁日に、お詣りをさせて頂きたく、
お願い申し上げます。
よろしくお願い致します。

毎日ブログを拝見させて頂けます事、
ありがとうぞんじます。
気持ちが落ち着きます。

先生、ありがとうぞんじます。

ありがとうぞんじました。

弥生

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:41:56
由佳です。(携帯か

ありがとう存じます。

お朔日のご縁日にお詣りすることができません。
申し訳ありません。

16日のご縁日のご奉公をさせて頂きたく存じます。
よろしくお願い致します。

今働いているお店が9月15日で閉店になります。
訪問マッサージは、まだあるのですが、これを機に実家に帰ろうと思っています。

ありがとう存じます。
由佳

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:17:33
五十鈴です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生
ご体調はいかがでいらっしゃいますか。

STYガイドなどの郵送用封筒を昨日送らせていただきました。
遅くなり申し訳ございません。
何卒よろしくお願いいたします。

ありがとう存じます。

五十鈴

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:32:34
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
今日のお身体の調子はいかがでしょうか。

トイレに入っているとドアの下から細い白い手が入ってきました。
ナナがもうこの遊びをするのかと嬉しくなって
白い手をつんつんすると、すぐ引っ込みました。
しばらくすると今度は黒い手が出てきました。
ナナからくうにバトンタッチしていました。

過去のブログに平成13年9月28日の会報が掲載されていました。
『言葉遣い…言葉の持つ力は…いつもガイドにも書いていますが
言葉はあなたそのもの…人格を現します 学歴・教養…レッテル関係ない…のです
氏素性がよくても 育ちが悪いとすぐ分かるって 昔の人が…。
家柄や格は言葉遣いで分かる
積み重ねて来たものは 隠せない その時…だけ装っても メッキは剥げる
…でも いつだって正せる 回れ右…出来るのです
言葉の通り人格が形成…その心の通りの人生がある
正しく美しい言葉は 飛びっきりの笑顔から生まれます
大きな声で ハキハキ正しい発音で…それだけでも人生は変わる
「接心」を受けられる時…事務所の戸を開けたら
大きな声で「今日は!」と…おっしゃって下さい
新しいあなた…が始まります
どんな形であれ その方にとってしあわせ…であること…
それが唯(わたくし)の願い…です。合掌』

自分で自分の言葉にがっかりすることがあります。
もっと内面を磨かねばなりません。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:31:48
由美子です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生、グループ接心以来少しお疲れのようなのに、笑って毎日のお努めや雑事をこなされているのを目の当たりにし、私も頑張らねば!と励みになっております。
全てはブログやサトヤガイド、リズム表を心待ちにしておられる方々と、お役目の為にとの想いかと存じます。
本当にありがとうございます。

大阪の家が片付くにつれ、私はここから再スタートするんだという気持ちが強くなってきました。
きっと数年後には、もうあの家には住む人も無く、私達家族はそれぞれの道を歩いているだろうと思います。
未来を想うとワクワクしてきます。
その為なら、何でもできそうな気がします。

唯先生、お朔日のご奉公、何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

由美子

2018/8/30 木曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 12:05:27
志真です。

ありがとう存じます。

いつも 私達の為に 御祈願下さいまして ありがとう存じます。

昨日 実家の母が、退院したから…と電話がありました。
今回は検査では無く カテーテルを入れるからと言う事で 二泊三日の入院でした。
母は、「しんどかったから入れて良かったわ!」と喜んでおります。
市内唯一の総合病院で…院内を 広く歩き回るかもと思っておりましたが、入院中 点滴で くくりつけられいたそうで 自分だけでの行動範囲は 病室のベッドとトイレだったとの事です。
病室の拘束は仕方無いもんねぇ…!って感じですが…。
入院生活は、退屈で退屈で仕方なかった様で「たった3日じゃん!」て思いますが イヤだったみたいです。

退院時には、主治医から「生活改善せんと いけんよ!」と言われたそうで…生活習慣病なんでしょうね…。
私も 年齢的に 人の事は 言えないのですが…長年の食生活や生活を変えるのは難しいです…。
母には 無理しないで 少しずつ変えて行ってくれたら良いな~と思っております。
母も 姉の為にも 頑張るつもりでいるみたいで「まだ あの子が おるけ~!」と言っています。

姉自身は、身体障害者施設に入居希望を出したそうです。
姉は、障害だけじゃなく 体内的にも 色々 持っているので 以前も 他の障害者施設から「それは病院に行って下さい」と言われて拒否された経歴がありますので…たぶん 今回も 入居拒否されると思いますけど…。

地元の福祉関係の方達が、この度の母の入院の事から 高齢の母の体を気遣って下さり ワガママな性格の姉の希望も考慮し…色々 提案があり 母も選択肢が 沢山ある様ですが…。
24時間管理されてる訳では無いので 在宅医療は 家の人間が やっぱり 大変ですよね…。

兄も私も 今さら 母を地元から離したくないですし…いつも ごちゃごちゃ言う姉ですが… 本当は 母の側に居たいと思います。

母と姉が、しあわせな気持ちで最期を迎えてくれたら良いなぁ…と言う思いだけでいます。

ありがとう存じます。

志真

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 10:46:07
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

お朔日のご縁日のご奉公、
何卒よろしくお願い申し上げます。

明日は、11時頃に安楽寺に伺わせて頂きたいと思います。

最近、保護されている犬を時々ネットの中で見ているのですが、
近い将来どんなご縁を頂けるのか楽しみです。

唯先生が仰る様に、
犬も猫も一緒に…が出来ると尚嬉しいですが、
そのような流れになることを願います。

田舎の古民家は、ネズミが出て来て、
義母も困っているので、
猫がいるとネズミは逃げるかもという切り口もありかと思っております。

新しい暮らしは不安よりも楽しみがいっぱいです。

年齢と共に狭くなるのではなく、
自分自身の伸び代をしっかり伸ばしていきたいと思います。

ありがとう存じます。
栄子

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.