会員の方からのメール

2017/7/31 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:43:42
由美子です(再送で

ありがとう存じます

唯先生、今日はお供えを買いにちょっと出かけただけなのに、電車に乗るまでに大汗をかくほどの暑さでした。

義母は、私が夜に家に居るのが増えたので、時間の感覚がずれてしまっています。
午後8時ぐらいからパジャマに着替えて寝ようとするのですが、さすがに夜型の義母が眠れるはずもなく、起きて来て何かを探したり、財布の中身を確認して、又ベッドに入り、暫くすると又起きて来て、私の部屋を覗いて時計を確認し、まだこんな時間??と驚いて又ベッドへ行き、又起きて来て私の部屋に、を繰り返して、結局休むのは12時をゆうに越している、という毎日です。

先日のグループ接心で、弥生さんに、同じ話を何回聞いても初めて聞いたような対応ができるか、という話をされていましたが、正にそのまま、私にも同じ事を問われていると思います。

正直、用事をしている時に、何回も同じ質問は途中から投げやりな返事になります。
それも毎日です。
でも、これが私に与えられた課題で、それほどの優しさを私に神仏さまは求めていらっしゃるのかもしれません。実の母ではないので、どこか冷めたところがあるのも十分自覚しています。なかなか難しいですが、せめて、笑顔で聞いてあげることから始めてみようと思います。

明日のご奉公、何卒宜しくお願い申し上げます

ありがとう存じます

由美子

iPadから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:36:03
真由美です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生 いつも ありがとう存じます。

明日の ご縁日に参詣させて戴きたく存じます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。
その際に、写経用紙を1冊と筆ペンを3本戴きたく存じます。何卒、宜しくお願い申し上げます。

唯先生 本日も ありがとう存じました。

ありがとう存じます。

真由美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:35:47
真奈美です(携帯です)

ありがとう存じます。

唯先生
明日のご縁日のご奉公何卒よろしくお願い申し上げます。
ありがとう存じます。

真奈美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:26:13
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログ緒更新して戴き、ありがとう存じます。

今は平成22年8月15日のグループ接心のMDを聞いています。
『普通は「引導を渡す」って、
亡くなりはった人に引導を渡すお経があるから、それを読んで、
「迷いなく、あなたは黄泉の世界に行きなさい」っていうこと言うて、
引導を渡すっていうねんけど。

それこそ、洒落やなくて、インドでやってた「引導を渡す」はそうではなくて、
まだ息があんねんけど…それは、朽ち果てるように死にはるパターンやで。
病気とかやなくて、もう歳で、だんだん息が浅くなってきて、
でも、助からへんと分かってる人が寝てて、
周りに家族が囲んでて、惣領さんがそこでばぁーっと…

その時、平らな表現をすれば、
「あなたはこうして頑張ってきた。いろんなことあったけど、がんばってきた。
そして、今、神仏が迎えに来ておられる」
神仏って言わへんけどね、仏さまやけど…
「仏さんが迎えに来ておられる。間違いなく浄土に行けますよ」ってことを言って、
安心して死ねるようにするのが引導を渡すっていうことらしいけど、それをやってる時に…
私はそれを言ってないんですけど、私の後ろの人に伝えたくて…
特定の人だけね、視えてる人だけ…
自分がこういう使命を受けて来たのに、子育ても大変やって、
何やらもできへんかったっていうことを…ずぅっと何日も私、夜、聞いてたからね。

で、亡くなりはるってことは、私の中でちょっと嫌かなって。
ある時、ふっと、みんな死にはるってのがものすごく嫌で、「行きたくない」って。
まぁ一回や二回は「行きたくない」で済んでんけど、
だんだんと嫌やから、行かなくなったでしょ。
それは何やってんって…
ある時ね、それは何やってんって考えた時、
そうならないことを伝えられる…
人生の最期に、「本当はこうやったのに」って後悔しない方法。

それは別に、お金を持ってるからとか、
幸せ…好きな人と出会って結婚して幸せやったっていうことと違う、
人としてやらないかんかったことがあるはずって。
それは本当は一番大事なことやないかなって…
具体的にではなくてね…何かそういうふうに少しずつ出てきた時、
「ものすごい先生がいてはるんです。行きませんか」って言うより、
「あるお寺の庵主さんやけど、ちょっとその他の能力もお持ちなんで」
って言うたら言いやすいでしょ。
その、ある意味の理想に近づいてんねん。』

後悔の無い最期を迎えられるようにご指導戴いていることを有難く思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2017/7/30 日曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:06:08
由美子です(携帯か

ありがとう存じます

唯先生、今朝はありがとうございました。少しでも、お声が聞けて嬉しかったです。

今日は午後から、お仕事でした。
お二人とも、うとうととリラックスモードで、ご自分のいびきで目を覚まされる、というパターンでした。

毎週毎に、お身体や、足の裏の固さが違い、なぜなんだろ〜とは思いますが、今日は、心の目を研ぎ澄ませ(たつもりですが)ることに集中しました。

来週は、水曜日と土曜日に出向くことになりました。
本当に有難いです。

ありがとう存じます

由美子

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:04:40
真奈美です(携帯です)

ありがとう存じます。

唯先生
本日午前中の唯先生のお電話に出る事ができず大変申し訳ございません。
昨晩、唯先生に私がお電話をかけてしまったのでお電話くださったのではないでしょか。ありがとう存じます。
そして夜遅くなりましたのでメールさせて戴きました。

本日も蒸し暑い夜になりますが、お身体ご自愛くださいませ。

ありがとう存じます。

真奈美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 17:19:59
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
お朔日のご奉公をさせて頂きたく、
何卒よろしくお願い申し上げます。

今朝のこちらの雷雨には、流石の私も目覚めました。

安楽寺はいかがでしょうか?

唯先生に教えて頂いた
「自然界の怒り神仏さまのお怒り、
何卒静まりますように…」と
同心祈念之御願のお写経もと思います。

明日は11時頃伺わせて頂きたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。
ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 17:19:31
弥生です(携帯からです

唯先生

ありがとうぞんじます。

酷暑の毎日が続いております。
先生、お身体の調子は如何でございますか。

8月1日のご縁日に、ご奉公をさせて頂く事できません。
自分との戦いに負けない様に、
がんばります。

ありがとうぞんじました。

弥生

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:52:52
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
お体の調子はいかがでしょうか。

過去のブログに平成25年11月10日のグループ接心のお話が掲載されていました。
『ごちゃごちゃといろいろ考えない。
成り行きに任せる。
あんたが考えてるほどこの世の中簡単やないねん。
でも、簡単やないねんけど簡単なんや…流れに身を任せてたら。
流れに乗ろうと思ったらええ、普通にな。
川を流れてる木の葉と一緒や。
そうすると流されてしまってどっかへ行くのんちゃうねん。
必要な時に必要なようにどこかに石に水が当たったらそこに波ができんねん。
そうするとその石に掴まったらええねん。
ば?んと流され倒したりせぇへん。
石にぶつかってるその水はこうして渦を巻くねん。
そこへ泳いでいこうというのんが抵抗があるけれど
普通に流されてればそこに流れ着くねん。
それが石なのか島なのか。
それが思し召しやと思うってこと。
「ここで暮らせ」いうことやろ。』

「でも」「だけど」と何かに拘らず、乗るべき流れに乗れるようにと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2017/7/29 土曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:56:58
由美子です(携帯か

ありがとう存じます

唯先生、今日の調子はいかがですか?
お忙しくしていらっしゃるのは分かっているのに何もできないのが歯がゆいです。体力も有り余っているのに。
ご縁日が後2回ぐらいあったら、と思ってしまいます。(逆に唯先生がお疲れになりますが…)

やっぱり、グループ接心のMDを聞き返したり、ブログを読み直してみたりすると、おかしな受け答えをしたりしているのがわかります。
その時は全然、何にも思わず答えているのに、自分の事は分からないものですね。
本当に、叩き直していただかなければとんでもない事になります。

貴美恵さんも書いておられた様に、唯先生とご一緒させて頂くと、気づく事がいっぱいです。
もうこんな年齢ですが、死ぬまでに気づかせて頂いて、本当に有り難いと思います。
ビシバシと、よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます

由美子

iPadから送信

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.