会員の方からのメール

2016/2/29 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:25:07
真由美です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生 おはようございます。

今日もブログを更新して戴きまして本当に ありがとう存じます。

明日の ご縁日での ご奉公をさせて戴けますことを ありがとう存じます。
気を引きしめる機会を戴けます。
本当に ありがとう存じます。

唯先生 いつも ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

真由美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:24:31
弥生です(携帯からです

唯先生

ありがとうぞんじます。
先生、ブログを更新して頂きまして、
ありがとうぞんじます。

バワーを頂戴致しました。
夕方からずいぶんと冷え込む様です。
何卒、ご自愛下さいます様、
お願い申しあげます。

ありがとうぞんじました。

弥生

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:23:36
貴美恵です。(携帯です

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログを更新して下さり、ありがとう存じます。

明日のご縁日ですが、研修のためお詣りさせて頂くことができません。
16日のご縁日はご奉公をさせて頂きたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

菜穂美さんのメールで「ご恩送り」とマッサージの事を書いて下さっているところが
心に止まりました。
相手の方の痛みが分かる・・・私は今まで肩の凝りなどもほとんど感じずにきました。
本当に痛みや辛さを分かっていなかったのだと思います。
最近になりやっとほんの少しですが、凝りなども感じるようになりました。
だからと言ってすぐに手が出せたりとまではいかないのですが、
共感出来ることができてきました。
体験を重ねたり、歳を重ねないと分からないことがあることを
今になってあらためて感じます。
無意識にすっと手が出せるようになれればと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。
貴美恵
iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:08:52
ひろみです。

ありがとう存じます。

唯先生、ブログの更新をありがとう存じます。
今日も皆さんのメールから沢山の学びのチャンスを頂けることに
感謝致します。

ブログが更新されていない間も菜穂美さんは毎日有難い唯先生からの
教えをメールで送ってくださっています。なぜ私にはこれが出来ないのか?
私ももっと時間を有効に使う工夫をしなければと考えさせられました。

あれもこれもとやりたい事が一度に頭に浮かび、結局集中出来ずに
中途半端になっているようなので、2月を振り返りながら少し整理して
みようと思います。

唯先生、いつもありがとう存じます。

ひろみ

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:08:12
直子です(携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、こんばんは。
遅い時間に申し訳ありません。

ブログを更新してくださり、
ありがとう存じます。

ブログが再開され、本当に嬉しいです。

また、ゆっくり拝見させて戴きます。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:05:21
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
ブログを更新して戴き、ありがとう存じます。
お体の調子はいかがでしょうか。

過去のブログに平成24年3月の会報が掲載されていました。
『長崎の佐古亮尊上人の伝道ハガキ「法雨抄」にこんな話が載っていました
暖かい春の日のこと、幼い子供たちが庭で遊んでいると
一人の男の子が転んで泣き出しました。
すると、女の子が、泣いている男の子のそばにかけよりました。
こんな場合、二つのやり方があります。
一つは、だまって起こしてあげる。
もう一つは「さぁ起きなさい」とはげましてあげる。
女の子が、このどちらを?と見ていますと、
意外にも、女の子は、坊やのそばに自分もコロンと転んだのです。
そして坊やの顔を見て、ニッコリ笑いました。
すると泣き虫坊やも、目に一杯涙をためたまま、ニコッとわらったのです。
そこで、女の子はいいました。
「起きようか」「うん」
男の子はうなづいて、そのままおきあがったのです。

何ともすばらしいやり方ではないでしょうか。
自分もそばに一緒に転んで、
相手と同じ立場に立って「起きようか」と呼びかけました。
それは命令でもなければ、単なる激励でもありません。
相手と同じ苦しみを持ち、その中から、
共々に立ち上がろうという願いだったのです。
本当の愛情は、まず相手の立場になって、相手を理解することから始まります。
相手の立場を考えられなければ、たとえ親切のつもりでも
「おせっかい」になったり「恩着せ」になってしまうことがあります。

観音さまは、相手の立場に立って、
共々に立ち上がらせようという願いをもったお方です。
人の為にしてやるのではなく〈させてもらう〉という願いの中で
新しい年を迎えたいものです。

以上月刊「寺の友」24 年「新春号」「共に立ち上がろう」より
抜き書き…させて頂きました。
「お節介」でも…良いから「誰かの為」が出来る人…であって欲しいと…心から望みます
「良くないもの…」貰うんじゃない…かとへっぴり腰…で
関わりたくない…と心を閉ざしている…あなた…よりどれだけ良いか…
何がそんなに恐いんですか…運気なんてこれっぽっちも積めてないから…
ご自分に余裕が無いから…逃げているだけじゃないのですか
そんなご自分に…向き合うことすら出来てない?
そんなご自身を知りたくない?
ご夫婦揃って… 一家で親子でご兄弟姉妹で同じ?…単なる一蓮托生?…
少しずつズレていっている? 恐い…ですよね
そんな怖さも知らずに…日々が過ぎている…のです。
その根底の帳尻あわせは誰が何時?やるのですか
もっとしっかり人生に仕事に向き合ってください。

せっかくの出逢い…ムダにせず…
出逢いの時のご自分の心の衝撃…全ては朦朧とした意識の彼方に…ですか…
どんな感動も持続せず…心に残らず…何なんでしょうか
心がすり切れていくこと…悲しいですね
プロポーズの言葉の様に…月日と共の忘れ去られるもの…ですか
少し違って来ていませんか 気づいて欲しいのです。
出逢いのその後に「奇跡」を頂いた方…心に・躰に…です。
家族の 親子の 仕事の 友人の 生き方の全てに
何らかの「出来事…」や「ご利益」「安心感」…
列記する必要もない…事でしょう…。でしたよね…。忘れて下さい 忘れ去って下さい。
それでも生きていけると思うなら…忘れ去って下さっても結構です。
この世での…この出逢いを…。
人生の最後…を迎えるその日まで…
あなたが帰る・還るその日まで…まだまだ人生は続くと言うのに…。』

いろんな形で「誰かのため」ができるようにご指導戴いていることを有難く思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:03:51
美直子です(携帯)

唯先生

ありがとう存じます。

今朝、外に出ると、少し暖かかったのですが、
先程からの突然の大雨に驚いています。
唯先生は、いかがお過ごしでしょうか?

ブログを更新していただき、ありがとう存じます。
たくさん、たくさん・・・ありがとう存じます。
まだ全然読めていませんが、少しずつ読み進めていきたいと思います。

ありがとう存じます。

美直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:03:10
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
電話に出られず申し訳ございません。

ご伝言お聞き致しました。
承知致しました。

ご縁日は何卒よろしくお願い申し上げます。
ご縁日は、11時頃お伺いさせて頂きます。

ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:02:45
浩美です(携帯から

ありがとう存じます。

唯 先生 おはようございます。
お身体のご様子いかがでしょうか?
ブログを更新していただきましてありがとう存じます。
嬉しいです。
本日もリズム表には印をつけていただいています。
気をつけていきたいと思います。

ありがとう存じます。

浩美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:02:29
由美子です(携帯か

ありがとう存じます

唯先生、ブログを再開していただき、ありがとう存じます。
やはり、ブログが止まると、どこかエンジンが全開していない感じがしていました。
ブログを通して、唯先生のお言葉や、護持会の方のメールで、随分励まされていたのだと思います。

何があろうと、慌てず、騒がず、やるべきことをできる、自分でなければと改めて思いました。

遂に、あのお念珠が切れてしまいました。
今日も、休む間も無く帰りまで仕事をさせてもらって、帰宅した途端に、バラバラと。
家ではイライラすることも多く、多くのことから、お守りいただいていたと思います。
ありがとう存じました。

ありがとう存じます

由美子

iPhoneから送信

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.