会員の方からのメール

2014/9/30 火曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:00:08
郁代です

ありがとう存じます

唯先生、こんばんは
明日のご縁日に、参詣させて戴きたく存じます。
エネルギーがきれぎれで、たまらない状況です。

これも自分が蒔いた種のせいです。
先日のグループ接心を休んでしまったこと
わざわざ、そこまでして研修に
前乗りするほどのことでもなかったことを後悔しています。

先日のグループ接心のMDを聴かせて戴きながら
狭い心で生きてきた私、
生意気な生き方をしている私は呼んで戴けず、
同席させて戴けなかったということ
それを選んだのは私だということ
先生、厳しいお叱りを戴き、感謝申し上げます。
そして、本当に申し訳ございません。

いつも後から気付いてばかりで
本当に情けないです。
まだまだ郁代にはほど遠いと悔やんでおります。
唯先生、本当に申し訳ございませんでした。

そして、勝手を申しますが
明日、お伺いさせて戴いた際に
お写経用紙一冊と、筆ペン一本を
戴けませんでしょうか。
どうか、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、後になりましたが、
栄子さんの国家試験合格、おめでとうございます。
さすがだと思い、心からお祝い申し上げます。

唯先生、明日のご縁日
何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じました
           郁代

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:00:27
栄子です。携帯です。

ありがとう存じます。

唯先生、
お陰さまで理容師国家試験に合格することができました。

「合格致しました?」と伝えた私に、
「そんなもん当たり前やろ。」と唯先生。

そう仰った時、「落ちたら承知せぇへんでぇ〜!!」と仰ったことを思い出し、
もし落ちていたら、
どんなことになっていたのだろうかという方が怖い〜と思いました(苦笑)

本当にお守り戴き心より感謝申し上げます。

このあと、これを取っていたから良かった!
あの時、唯先生に背中をおして戴けたから今の私があります。
という意味のある人生にしていきたいと思います。

明日のご縁日も何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。
栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:22:59
房子です

有り難う存じます。
先生こんにちは。ご無沙汰いたしております。
朝晩涼しくなり日中は、汗ばむ日が続いておりますが、お変わり御座いませんか?
私内もお陰様で、充実した毎日を送っています。
これも、日頃のお守り戴いている先生神仏さまのお陰で御座います。
感謝申し上げます。
有り難う存じます。先生この度は、気に掛けて戴き有り難うぞんじました。
娘から戴きました。ずっと探していました。
凄く嬉しいです。いつまでも大事に身につけて外出いたします。
有り難うぞんじました。 明日から1 0月です。
気候もよく過ごし易くなりますが
先生お身体を大事なさって下さいませ。
有り難うぞんじました。
有り難う存じます。 房子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:05:54
正博です( 携帯で

ありがとう存じます。
本日作業をさせていただきたいのですがいかがでしょうか。
よろしくお願いいたします。
ありがとう存じます。
正博

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:09:42
菜穂美です(携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

昨日お遍路に関する会報を転載させて戴きましたが、
5年前の今日のブログには、
お遍路再開の時々ドキドキ日記が掲載されていました。

『一番札所から 六番か…七番札所まで 全て歩きです。
宿泊は ご本尊…薬師如来をのぞく 31体…の明慶佛が 安置された
四国・六番札所 安楽寺…です。
30代・40代・50代・の大佛師 松本 明慶の軌跡を…
眺められる…貴重な…機会(チャンス)です。
宿坊の一泊は 早朝の勤行も…体験させて頂けます。
初めて参加される方は…
装束を…指定通りに…揃えて頂く必要があります。
申し込み用紙…金額…等も 事務所に…
白い靴…男性は マギーの靴の申し込みも…用紙があります
上から…下…足先まで白一色です。
ズボンも 靴下も 靴も 白衣の中の丁シャツ(半袖・長袖)も白…です
出来れば…いえ 下着も 白…全部白 です
リュックは 30キロ位のもの…色は何色でも…結構です
雨具…上は ビニールのポンチョ…事務所にあります
下は…ゴァテックスの雨具…が最適です。色は何色でも…(白はないので…)
教本や名札 心得…など 事務所で用意します。
数珠(真言宗用)…の件ですが 申し込み用紙に記載の物…でも良いですし…
天則院にて 21日間の祈願をさせて頂く…(星月菩提樹)
初参加の方は 写経を七ヶ寺分…十四枚…仕上げて下さい。
ウエストポーチも要ります。(貴重品など…入れる…)
それ以外は 十月十八日(日)「聴快会」で…詳細を…
打ち合わせ…説明を させて頂きます。
以上…です。   ありがとう存じます。 唯』

当時のドキドキワクワク感が蘇ってくるようです。
お遍路を体験させて戴けたことを本当に有難く思います。
この時に書かれている「十月十八日の聴快会」が
真由美さんがMDを…と言われているものですね。
篠山の祭囃子が聞こえるMDです(笑)
本当にいろんな体験をさせて戴き、いろんなお話を聞かせて戴いています。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2014/9/29 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 17:58:31
由美子です(携帯か

ありがとう存じます

唯先生、今日、区役所に開院の相談に行きましたところ、義母の家では許可がおりないことがわかりました。
看板を挙げていなくても、免許を持っていれば、認可が必要で、それを満たす幾つかの項目が必要になるそうです。

その中で、住む人とお客様が、同じ玄関を利用するのがまずいらしいのです。未認可で、資格があるのを隠していても、それが少しでも誰かの口から漏れれば、摘発の対象になると。
窓が吐き出しであれば、そこを玄関にする、という手もあるそうですが、生憎、腰高の窓なので、そこをいじっても、うーんといった感じです。
別の場所で探すしか、方法はないのか、いろいろ考えてみます。
話は振り出しに戻りましたが、逆に、満たさないといけない事項が明確になったので、めげずに探してみます。
取り急ぎ、ご報告いたします。

ありがとう存じます

由美子

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:13:07
菜穂美です(携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

7年前のブログに平成19年9月のお遍路のことが書かれていました。
この時のお遍路ではバスが故障し、
一歩間違えば大事故になるところだったというお話を聞かせて戴きました。
そのことは平成19年11月の会報にも書いて下さっています。

『秋遍路……大きな「奇跡」を…頂き…ました。
いつも…ず〜っと申し上げている「お陰さま…」という言葉…です。
すべては神仏さまのお計らい…だったのです。
遍路の最初から(人数が増えるほど…よけいに…)気に掛かっていたこと…
参加者全員の無事…帰阪…
観光バスの事故があいつぎ…想いが頂点に…それで……
18年の春から…2人の運転手さんで…走行して頂いていますが…
今回の四国は…9月も終わりだというのに…31度を超す暑さ…(湿度も62%…以上)
山間部に入り…アップ・ダウン起伏にとんだ道…いえ登りのみの道…
この登りが永遠に続くのかと…
(そんな訳は…ないのですが…)しんどかった…(大阪弁…です)
そんなこんなで…少し早めの帰り道…
ドライバーさんの様子が少し…車が左右に振れる?…
居眠り…かな?と気に掛かり…「トイレ休憩を…」と声をかけ…たのです。
「…はい分かりました」…でも次のパーキングエリアまで…
かなり距離がありなかなか止まれないので…不安…長かった〜…。
やっとレストランのあるパーキングに入り始めた時…
車が…妙な音を立てて…突如止まりそのままエンジンは掛からず
(パーキングまで…700メートル位の所で…)
「燃料切れですすみませんがここから歩いて下さい…すぐそこですから…」と
私たちはゾロゾロ…歩いて……でも後から考えるとそこは歩行禁止区域…
それから二時間あまり…その場所で…
燃料切れと…エァーが抜けていた…とのことでした(少しポンコツ…整備不良…)
パトカーが来て交通整理の中…JAFが……
何となく長時間の…休憩…と皆さんは感じていただけでした…が
「トイレ休憩を…」と声を掛けていなければ…そのまま走って……
ブレーキを踏むこともなく…止まり…後続の車に追突され…惨事に…
今あちこちで起きている高速道路上の事故…だったのでしょう
万が一衝突を免れたとしても…
あの暑さの中…エンジンの止まった…冷房の効かない車中…
窓は開かないタイプ…降りることもままならず…手持ちの飲み物…水もなく
体調をこわし熱中症も…危ぶまれた事です
(二時〜四時 一日の中でも一番気温の高い時間帯だったのです)
今一番遠くて…片道七〜八時間…往復十四〜五時間車中です
蒸し風呂状態の車中…大きな惨事を免れても…
その小さな惨事は確実に起きていた…のです
間違いもなく何事もなく…九時前に無事帰阪…
皆さんの心には…何も残らず…スムーズに…明くる日仕事場へと…
これこそ「お守り…頂いた」…と
「奇跡」以外のなにものでもありません…私たちが一番大切に思っている…
「お陰さまで…」を忘れることなく…秋遍路を終わらせて頂けたのです
2年くらい前「STY・ガイド」に…奇跡に遭遇出来る生き方を…していますか…
という問いかけ…メッセージがありました

普段から話しています…「奇跡!!」という言葉が無くならない限り
「奇跡」はあります起こります
その「奇跡」に遭遇させて頂ける生き方を忘れないように…と
お遍路行(ぎょう)に…信仰のために…歩いているから…守って頂ける…のではなく
お寺参りや「行」の途中で何かある事を…恥じなければ…
「神仏さま」に対してご無礼にあたる…と唯を育ててくれた
養母がいつも口をすっぱくして…言っていた事を…
「同心会」の方たちにも伝えて来ていましたが…
いたらない私たちにただ一生懸命なだけの私たちに…
「助けの手」…を頂いたのです

ミニ個人接心を…帰りの車中で…
皆が席を立って私の周りを囲む様に重なる様に座り込んでいました
あまり気のつかない…ドライバーさん…なので
許されていた…のですが…あの状態で突如…事故にあっていたら…
考えただけでも…怖い…それも少し気に掛かっていた…のかも…
それが「休憩を…」という言葉に…
今『部屋』では…写真(ポラロイド)…にも「花仏さま」の件…でも
いろいろ…不思議が…起きています
「信じる…」そのことに…少しドライな…唯に
「おまえが一番信じていない」…と
デコ・パッチンを…頂いている…のだと思います
「庵建立」「花仏さま」…と問題山積…に!!皆さまのお力も…』

唯先生、護持会員の皆さまが難を逃れられたことを本当に嬉しく思います。
自分はお蔭さまを戴けるような生き方ができているのか、
そう問い直していかなければと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2014/9/28 日曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 18:03:07
貴美恵です。(携帯

ありがとう存じます。

唯先生、先程栄子さんに努さんからお預かりしたMDとお大根を
託けさせて頂きました。
その際、ご祈願塩を戴きました。
ご祈願頂き ありがとうございました。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。
貴美恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 12:38:24
由美子です(携帯か

ありがとう存じます

唯先生、お陰様で月曜日から屋根の吹き替えの工事に入りました。すっかり、古い瓦は取り外され、ブルーシートに覆われています。
来週には新しい瓦に変わります。

ところで、義母と、いろいろ相談したのですが、やはり、当初、唯先生がおっしゃってくださっていたように、義母の家を少しだけ綺麗にして、一室を借りて先ずは、やってみようかと思っています。

連絡の取りづらかったおじさんも、出先へ行ってみたら…と唯先生がおっしゃってくださっていましたが、なんと、屋根の様子を見に、向こうからひょっこり来てくれて、私の意向や、手を入れるなら、こうしたらいいと、相談にのってくれました。
いつでも連絡を取れる方法をお互いに確認もできましたので、話はスムーズに進むかと思います。

いろいろ物件を探してみましたが、家賃、立地等考えても、今は義母の家が最適かと…
急に話が進んだので、法規的なことの確認とか、協会の保険加入など、事務的なことが急務です。

奈穂美さんの書いてくださる、MDの言葉が、自分を後押ししてくれているようです。
娘も、遠く離れてはいますが、ブロクの中から何かを感じ取り、気持ちが繋がっているのを感じます。

いよいよ、ふんどしを締め直してかからないと!と気が引き締まって来ました。

ありがとう存じます

由美子

iPhoneから送信

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:25:11
菜穂美です(携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

平成25年4月7日のグループ接心のMDを聞いています。
『気持ちも全てのことを含めて大きな場所に行こうと思ったら、
自分への拘りはどっかで捨てないと。
前に話してると思うねん。
拘るってことはたった一つ、これだけは絶対許せないって思う拘りがあったら。
命を取られても構わない。』 

『あんた自身がこれに拘ってるって思うことがあったら、
このことがもしかなえへんねやったら死んでもいい。
このことだけは許されへんとかって思うことに拘ったら、
たった一つの拘りをほんとに持ったら、他のことは全て許せるはずや。

これは私がずっと言うてる言葉なんや。
そのこと以外は、まぁええわって。
「あんた今日それ食べたかったらそれ食べ。
私もほなそれにするわ。」って、こう言えるってこと。
「私は絶対こうでないと嫌!」
全てのことに拘ったら自分しかないってことやからな。
他を認めないってことやろ?
他を認められなかったらあんたは舞台に立てない。
その中で光ってたいのは当たり前やけど、自分の拘りを一つにするってことや。
このことのみ!このためやったら命を落としても構わない。
殺されても構わない。
せやから許せないんやって言ったら、
それ以外は、じゃぁ好きにして、みな、ハイハイ、あぁそうやね。
そんでいいよねって言って暮らせるはずなんや。
それを全てのものを自分の思うようにしようとすると、この世界では生きていかれへん。』

私はまだ唯一の自分の拘りが見つけられていません。
しかし、自分に拘ることが他を認めないことに繋がるのだと考えると、
拘り続けなければならないことはそんなにあるとは思えません。
私が認められたいと考えているように、他の人だって認められたいと思っているはずです。
自分がしてほしいことが他の人に対してできるようになりたいです。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.