会員の方からのメール

2013/8/31 土曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:29:15
直子です( 携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、こんにちは。

昨日は、保険の件で御子息様にお世話になり、ありがとう存じました。
保険のことも、入院したり、接心でお話を聞かせて戴かなければ、もっと安易に考えていたと思います。色々御指導を承り、ありがとう存じます。
昨日、健康であることがどれほど有り難いことで、当たり前ではないことを、入院していたときのことを思い出しながら聞かせて戴いておりました。喘息も、治らないだろうと言われていましたが、お陰様で入院することもなく、また風邪をひいても発作がでることなく、薬を1つも使用しなくなり数年が経過しております。唯先生、神仏様御守り戴き、本当にありがとう存じます。
唯先生が仰られたように、喘息の引き金となった、人の話を聞きたくない心を持っていたということも、忘れてはいけないのだと思いました。今朝の菜穂美さんの、メールにもありましたが、『自我を消す』ことができるように、柔らかい心を兼ね備えることができるようになりたいと思います。

最後になりましたが、明日の御奉公では御世話になりますが、宜しくお願い申し上げます。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:28:55
貴美恵です。(携帯

ありがとう存じます。

唯先生、明日のご縁日のご奉公 何卒宜しくお願い致します。

ありがとう存じます。
貴美恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:29:33
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

過去のブログに平成13年9月28日の会報が掲載されていました。
『「おかげさまで元気になりました」「あの件は…こんな進展が…」
折々にいろんな方から沢山の結果報告のお便りを頂きます
「神仏さま」の想い・願いの「全てを…」伝えられているのか…は別として…
お伝えした事を信じて守って下さった方が…いて…
その方の「お陰さまで…」と言う言葉を添えて頂いたお便りは
神仏さまにお供えし お礼を言上…致します

「ふッとした時…守られて生きている…って感じます」
「守られているんだ…」と強く…書かれているお便りが届きました
今年22歳になるSちゃん…です

「友達に誘われてミーハーでせんせ〜に逢いに来たの…」
今でもそう言って笑います
高校に進学してすぐ…の出逢いです
友達は「優しいせんせ〜やで〜」って言ったけど…
私は…恐かった…言葉は優しかったけど…
じっと目を見られた時…底の底を…見られている気がして…恐かった

お友達の話だと その後憑かれたように占いにハマッて…
「あんた(その占い師…)の言う通り ホンマにそうなるねんな…」
「なんで断言出来るんや」「そんな言い方では分からん もっと具体的に」と
厳しく追及するので 占い師泣かせ? 占いセンターでは嫌われていた…とか
本人はどんな占い師に見て貰ってもなんか違う…って
ある時 占いやから?…かなと思って霊能者の所にも…。

何年か経って…ちゃんと真正面から先生に向き合いたい…と
(『唯の部屋』に再度来られたのです)
今でも時々恐いけど…言葉遣いを直せ 肘を付いて話を聞くな…って
(そんなキツイ言葉ではなかった…と思う…のですが…)
教えを請うのに「なんで…」「違うねんて…」「でも……」って言葉はないでしょう
礼はもっと深く相手より長く…後から頭を上げる 先に上げない
(年長者の方には…と付け加えましたが…)
友達は「? …う…ん怒られたかなぁ〜」って考えてた…
私だけ…やったんや…って思ったら…なんか胸がこうきゅ〜んて……

時間に遅れた時も(これは記憶にあります でも少し違う…)
「聞く気がないなら…帰りなさい お金も時間も勿体ない…」
(あなたの為に時間はいっぱい…取ってあるけれど
その事と あなたが遅れることは…違う…
大切なこと 大事な人 それが心に据わってないってこと…でしょう)…
帰りなさい…と
今の彼女は誰も教えてないのに お賽銭箱にお金を入れ…
ローソクを灯し お線香を立て合掌……
手を合わせて祈る彼女を見ていると(時々お花を…仏さまに…と)
(これは少し…困ります お花を替えたばかりの時も…あります)
世の中の「無言の決まり事」を ご自分の心に 無意識に取り入れ
ごく自然にこなしている(こなせている…) 姿に感動!!…します

年月は人をこうも変化させるのか…と
いえ 成長…でしょう 真摯に人の言葉を聞き 素直に信じ…
人が自然にあるべき姿を求める心が…
心の根っこに何よりの栄養や必要な水を染みこませた…のです
大人でも…気づかない人… 躊躇してやれない人…(宗教・宗派にこだわり…)
街中(まちなか)で お寺や神社を見かけると素通りせず…お参り…しているようです
時間のない時は…せめて黙礼だけ…でも…と

Sちゃんのお便りから 思いだし 学ばせて頂いたこと…書き連ねてみました…
時間を大切に…その奥にあらゆる事が…含まれて…います…が
あなたはどれほどくみ取って下さったかな… 又いつか書いてみます

言葉遣い…言葉の持つ力は…いつもガイドにも書いていますが
言葉はあなたそのもの…人格を現します 学歴・教養…レッテル関係ない…のです
氏素性がよくても 育ちが悪いとすぐ分かるって 昔の人が…。
家柄や格は言葉遣いで分かる
積み重ねて来たものは 隠せない その時…だけ装っても メッキは剥げる
…でも いつだって正せる 回れ右…出来るのです
言葉の通り人格が形成…その心の通りの人生がある
正しく美しい言葉は 飛びっきりの笑顔から生まれます
大きな声で ハキハキ正しい発音で…それだけでも人生は変わる
「接心」を受けられる時…事務所の戸を開けたら
大きな声で「今日は!」と…おっしゃって下さい
新しいあなた…が始まります
どんな形であれ その方にとってしあわせ…であること…
それが唯(わたくし)の願い…です。合掌』

『お伝えした事を信じて守って下さった方が…いて…
その方の「お陰さまで…」と言う言葉を添えて頂いたお便りは
神仏さまにお供えし お礼を言上…致します』という部分は
美直子さんのメールを読ませて戴いた後だったので、余計に心に残りました。
私は以前、唯先生にご指導戴いたことをその通りに実践しなかったため失敗し、
電話で烈火のごとく(?)叱られた経験があります。
その失敗があったため、その後に別の件でご指導戴いた時は、
二度と失敗しないようにと口移しでご指導くださいました。
そして、私も唯先生の仰った通りにするということに神経を集中させ(笑)、
その結果、一気に事態が好転したという体験があります。

『聞ける心…持ち合わせていない…
いつもいつも神仏さまに向かって 心 開いているか…どうか…です
毎月の「接心」で「答」を頂いているのに…
聞く耳持たない…のは 誰…なんだろう…と
信じる者から 目を離さない ただ一筋…の心
「信じる」…その事に 自分を預けるなら
無心になれ…ただひたすら…を 忘れるな
心や想いはひとつに 自我を消せ…
(その日…降りて来た…言葉…です 私(おまえ)も…と 言われています)』
(平成16年3月末の会報)

『自我を消せ』
私の拘りをなくすために必要なことだと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

2013/8/30 金曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:36:46
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、ブログにメールを掲載して戴き、ありがとう存じます。
ご縁日でご奉公させて戴けることを有難く思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:57:17
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、日曜日のご縁日でご奉公させて戴きたく、お願い申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 15:13:36
栄子です。店パソです。

ありがとう存じます。

唯先生、
今朝、菜穂美さんの書かれていた
唯先生のお言葉の中で、
『当たり前なんて何一つない。』が目に留まりました。

普通がどれだけ倖せなことか、
どこかで直ぐ当たり前だと感謝を忘れてしまう私です。
常にその心を「あとみよ そわか」しなければと思います。

仕事においても、
有り得ない程のご縁を結んで戴いていること、
目に見えない穴を埋めて戴いたり、
背中を押して戴いたりしていることも
忘れないでいたいです。

そして、
唯先生のお言葉にそのまま瞬時に動かれた
美直子さんの朗報、
如何にそのままが大事かとまた示して戴きました。

永遠は無いこと、
今しかないことを心します。

唯先生、
日々本当にありがとう存じます。

本日も何卒よろしくお願い申し上げます。
ありがとう存じます。
                   栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 15:13:29
直子です( 携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

昨日は、マッサージをさせて戴き、ありがとう存じました。お心遣いも戴き、ありがとう存じました。
お身体のほうは、御負担がかかっておりませんでしょうか?
昨日、御指導を戴いたように、手順、時間に気をつけて、意識をして参りたいと思います。
唯先生、お忙しい中申し訳ありませんが、また来週マッサージをさせて戴きたく存じ上げますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

また、昨日美直子さんのお話を聞かせて戴き、本当に嬉しかったです(帰宅してから、ブログを拝読させて戴きました)。
美直子さんが、2回続けてグループ接心にこられたこと、そして唯先生が仰ったように直ぐに動かれたこと、曜日に関しても、唯先生は、サラッと『水曜日』と仰っていましたが、そのようにされたことも、とても意味があったのだと思います。
昨日、先生が『意味のないことは何一つありません』と仰られたことが一番心に残っています。『D』の言葉だけではなく、何気なく仰られたことを聞き逃したり、実行しないと、その時点でチャンスは消えてしまいます。
何よりも、一番大きなことは、唯先生が以前『あ、あの子こないしたらいいねん…って思ってても、会わなければ、それは意味がないねん。』と仰られたように、思っておられても、お会いできなければその思っておられることを聞かせて戴けず、チャンスは消えてしまいます。

私自身、『D』の言葉を並べたり、直ぐに動く…ということをせず、自分の手で消したことが数々あります。その中で、学校に行かせて戴けるように示唆を戴けたことは、本当に有り得ないことなのだと思いました。唯先生、神仏様、本当にありがとう存じます。
戴けたチャンスを潰さないように、イガイガ栗ではなく、美味しいほっこりした栗のようになりたいと思います。

最後になりましたが、家族の反応のお話で、興奮して話をしてしまい申し訳ありませんでした。もう少し、落ち着いて話ができるように気を付けて参りたいと思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:14:39
貴美恵です。(携帯

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
あらためまして 昨日はマッサージをさせて頂き ありがとうございました。
またお心遣い頂き ありがとうございました。
お体いかがでしょうか。

昨日の美直子さんのメールを拝見し 本当にすごいと思い、
唯先生と一緒に「よかったですね。」とお話ができ、
とっても幸せな気持ちになりました。
唯先生が仰っていたように 先生のお言葉のまま動かれると
お言葉の通りに繋がること、あらためて「即実行」「お言葉のまま」
なのだと思いました。

私の方は 先生の手に力が入るくらい 私に要らない力が入っていたのかもしれません。
またお肌の変化も 仰って下さって分かった次第で
「プロ」には程遠く、「宿題」を済ませながら
体験を重ねていかなければと思いました。

唯先生、また是非マッサージをさせて頂きたく
何卒宜しくお願い申し上げます。

本日もどうぞ宜しくお願い致します。
ありがとう存じます。
貴美恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:08:12
菜穂美です(パソコン)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

MD起こしをしたものを読んでいて、
平成22年8月5日のグループ接心の内容が心に留まりました。
この部分はいつも心に残るところですが、
毎回、自分ができていないと感じる部分でもあります(涙)

『そういう気の毒な人がいっぱいいてはることは…
神仏さまが作ってはるって不公平やって。
神仏なんかこの世にいないって、皆、思うけど、
そうではなくて、違いが判るように作っておられる。
それを見た人間がどう感じるかって。

自分たちが、今、幸せに暮らしてることがどっかで当たり前。
朝起きたらご飯が食べられて…それは自分で作ったとしても同じやな…
作れるってことは、作る、しんどやなくて、お金が無かったら作られへんし、
ご飯が食べられて、昼になったらなんかして、お勤めに行けて、
それも車乗って行ったりとか、その生活のあれに合わせてあるわけやろ?
電車乗って行っても同じやけど、行けて、帰ってきて、
「あぁ、しんどかった。」と思いながら、テレビ見て、お風呂入って、寝てって。
もちろん、家族がいて、誰かの為にってのもあるでしょ。
全ての事が当たり前で動いてる。
当たり前なんて何一つない。
ほんとに広い意味で見たら、当たり前でない人がいっぱいいてる。』

『これはね、作家のね…名前が出てけぇへんねんけど、
その人が書いてはってんけど。
やっぱり寄付して、自分のお金で行ってしてはって、学校建ててしはった時に…
前の方だけしか電気がついてなくて、
「せっかくやから、あそこまで全部…ここまで、後ろの方まで、
電気つけられるようにしてあげて下さい。」って言ったら、
「このあと帰る道は灯りがついていません。」って。
帰る道ね…夜、勉強して。
要するに昼働かないかんから、夜、勉強して…ついていません。
そうして明るいところに慣れてしまうと、自分のあれが成らない。

優しいってことは全てに通していいことではないってことや。
そういうことも考えた上で、何を相手に差し上げられるか。
もっと深く考えた上で、何かが出来るかって考えられるかどうか。
それが最終的にいつも言う、「思い至る」ってことや。

思うことは誰にもできるねん。
思いやりとかぐらいはできる。
だけど、その向こうっ側まで至れるかどうか。
してあげへんことが相手に対する愛かもわからへん。』

相手のことを深く考えることがどれだけできているのか。
正直なところ、できているとはとても思えません。

『優しいことは強いこと』
『強くなければ優しくなれない。』

もっと深くありたいですが、まだまだだということは分かります(涙)

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:05:24
正博です(パソコンです

ありがとう存じます。
昨日は作業をさせていただきありがとう存じました。
正博

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.