会員の方からのメール

2012/12/31 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:17:02
鈴子です( 携帯で

ありがとう存じます。唯先生、一年間たくさんのお守りとご指導戴き本当にありがとう存じます。半年前におこりました事も私にとっても家族にとっても大きな試練(レッスン)を戴きました。何も起こらない事を願うのではなく、何か起こったときにどう対処できるか考えさせて戴きました。唯先生にお会いさせていただいてなければどうなっていたか分かりません。これで良いはない事を胸に、前に進んでいきたいです。この一年もたくさんブログを更新して戴き、そして受けとめてくださりありがとう存じました
どうぞお身体ご自愛ください。そして、よいお年をお迎えくださいませ。
ありがとう存じます。鈴子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:16:20
豊弥です(携帯です)

唯先生
ありがとう存じます。
今年もお護りいただき ありがとう存じました。そしてたくさんのご指導とお教えを戴きましたことに心から感謝申し上げます。
今年の数々の失敗や間違いを決して忘れる事なく 一つでも多くの事に気付き、心も体もしっかり働かせたいと思います。
どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。豊弥

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:42:29
正博です。(パソコンで

ありがとう存じます。

本日も作業をさせて戴きありがとう存じました。

「天使の衣」や今後の本のことにつきまして色々とお話戴きありがとう存じました。

また、ご次男様にマッサージを受けられたとのことで、久しぶりに少しお元気な様子を拝見し嬉しく、少し安心致しました。

そしてもう次に向かって進まれようとされているお姿も嬉しく思いました。

ご挨拶が遅くなりましたが、今年一年色々とご指導戴きありがとう存じました。

来年もよろしくお願い致します。

ありがとう存じました。

正博

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:22:00
由美子です(携帯で

ありがとう存じます

唯先生、今年最後の仕事が終わりました。お陰様で、この数日間は、指名のお客様がひっきりなしにお越し下さり、充実の数日間でした。
有難いことです。こんなに多くのお客様に私は支えられているのだと改めて感じました。精一杯の施術と真心でお返ししないとバチがあたります。それすら忘れつつある最近の私であったことに大反省しています。
水曜日に通い始めた個人のお客様とも、良い感じで可愛がって頂き、たまに、ご主人様も施術させて頂いたりしております。まだまた課題はいっぱいですが、精一杯させていただくつもりです。
こんな私でも、何事もなく、家族で新年を迎えることができることに感謝の気持ちでいっぱいです。
おばあちゃんを迎えての年越しですが、一平さんがご飯の用意はしてくれているので、大晦日まで仕事ができます。

本当に今年一年、お世話になり、ありがとうぞんじました。

これから、今年も、実家の父が送ってくれたぶりをさばいて、新年を迎えます。

ありがとうぞんじました。

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:07:08
京子です(パソコンです

ありがとう存じます。

今年も1年間ご指導いただきましてありがとう存じました。
今年はこれまで生きてきた道のりを振り返り、自分を見つめ、生き直しを迫られるような1年でした。
まだ私の周りを流れる時間を必死で追いかけているような状態ですが1日も早く体制を整えて行きたいと思います。

先日旧宅の掃除をしてきましたが人が住まなくなった家はがらんと広かったです。
スイッチ一つで食器洗い機が食器を洗ってくれて乾かしてくれて、欲しいところにコンセントがあって、何をするにも何を置くにも十分なスペースがあって…思えばとても便利な家でした。でもその便利さに甘えて楽な生活に自分の身体が慣れきってしまい、進化する環境の中で自分自身は退化していた事、サバイバルの力が物凄い勢いで無くなっていたということをここにきて感じています。
そして便利な事がいつのまにか当たり前になって家が私達を守ってくれていた事、快適に暮らさせてもらっていた事への感謝の気持ちを忘れていました。

離れてからしか気付けないのは愚かな事ですが毎日ありがとうと言う気持ちを意識せずに暮らしてしまい、家に対して申し訳なかったです。
今回感じたこの気持ちを反省として、今私が手にさせて頂いているモノや人への感謝を忘れず大切にしなければと思います。

便利さに頭と体が慣れてしまった私にとって今まで当たり前だと思っていたことが決してそうでは無い事に驚きや戸惑いに出会いながらの毎日ですがそれらの一つ一つが自分を広げるチャンスなのだと受け止めて行きたいと思います。
来年は柔らかく広い心を持てる自分を目指します。

唯先生どうぞお元気で良いお年をお迎えください。

ありがとう存じました。

京子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:06:43
直子です( 携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、こんばんは。

本日で 無事仕事納めができました。
ありがとう存じます。

今年1年も 色々ありましたが、その分、いかしきれなかったことに反省の1年でした。

来年は 今の枠にとらわれない働きができるようにして参りたいと思います。

先程 主人の実家へ到着しました。主人は残業で、まだ帰れないようです。忙しいかもしれませんが、働かせて戴ける環境や身体があるだけでも有り難いことですね。

ブログを拝読しながら、先日のグループ接心を振り返り、一平さん・五十鈴さん御夫妻の様子やメールなどに、自分たちのことを思い返していました。御二人が揃ってグループ接心に参加される姿をみて、私たちが初めて2人でグループ接心に参加させて戴いた日を思い出しました。接心後に、本堂で2人並んだ後、唯先生をはじめ皆様に暖かい拍手を戴いた有り難さが昨日のことのように蘇りました。あの時の暖かい気持ち、幸せな気持ちを思い出させて戴きました。ありがとう存じます。
親のこと、仕事のこと、子供のこと、沢山躓いてきたような気がしますが、自分の小さな尺度で計ってきました。きっと、まだまだ序の口ですね。2人でしっかり同じ方を見つめて、乗り越えていきたいと思います。

唯先生、長々と申し訳ありません。今年も本当にありがとう存じました。
昨日とはうってかわって、グッと寒さが戻ってきました。唯先生、お身体は大丈夫でしょうか?
足元 暖かく 少しでもゆっくりお休みください。

唯先生、ありがとう存じました。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:04:54
麻里です(家パソです)

ありがとう存じます。

唯先生、今年もたくさんのお言葉とご指導をいただき、
本当にありがとう存じました。

1年間、家族みんなが元気に無事過ごせた事、
そして、家族一緒に年越しを過ごせ、新年を迎える事ができる事、
感謝致します。

神仏様、唯先生、ありがとう存じます。

来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。

麻里

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:04:36
房子です

有り難う存じます
先生今晩わ
今年1年本当に有り難う存じました。色々なご加護又お知らせ戴き感謝いたしております。
安楽寺で娘が今年もお世話になりまして有り難う存じました。
私もまだまだ試練(レッスン)させて頂きたく思います。
来年も
何卒宜しくお願いいたします。
1年間本当に有り難う存じました。
元旦の初詣には
お詣りさせて頂きます。
先生からのお声掛けて頂きました事、喜んで心込めてさせて頂きます。
有り難う存じます。
先生暖かくして
よいお年を お迎え下さいませ。
有り難う存じました。
房子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:04:08
里恵です(携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、今年も夫婦でお世話になり、本当にありがとう存じました。

唯先生に夫婦でお会いさせて頂けている事の有り難さを実感しています。

来年は何事も素直な心で受け入れれる様にしたいです。

来年も夫婦でお世話になります。どうぞよろしくお願いします。

ありがとう存じます。

里恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:55:56
真穂です(携帯です)

唯先生

ありがとう存じます。

29日の昼前には無事に三田に帰っておりました。

吉祥図、ご守護札等ありがとう存じました。
お礼が遅くなり大変申し訳ございません。

頂いた吉祥図を拝見させて頂く中で、去年の吉祥図を手にさせて頂いた時の気持ちを思い出していました。

今年は…今年も色々な言い訳をし逃げて来たこと、周りへの不平不満を撒き散らしていたことなど、情けない事ばかりでした。

来年は不平不満でなく、自分が決めたこと、したいこと、日常の小さなこと全て含めしっかりと自分の意思で良い種を撒き、来年の今頃には芽が出る樣に頑張りたいと思います。

兄の子供が予定日を過ぎてもまだ産まれず、そわそわした感じが納まらない年越しになりそうですが、今年も一年間、私たち家族皆が健康で幸せに過ごせたことに感謝致します。

唯先生、
誠にありがとう存じます。

寒い年の瀬となりましたが、お身体ご自愛下さい。

来年も何卒宜しくお願い致します。

今年一年間、ありがとう存じました。

ありがとう存じます。

真穂

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.