会員の方からのメール

2011/12/31 土曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:01:38
貴美恵です。(携帯

ありがとう存じます。

唯先生、先程無事仕事納めができました。
今年一年間 家族が無事過ごさせて頂き、また仕事・学校も続けさせて頂けたこと
ありがとう存じました。

帰って今年一年を振り返りながら、来年に向けての目標、夢を立てたいと思います。

明日は「名塩の聖天さん」「安楽寺」に初詣に伺わせて頂きたく思っています。
何卒宜しくお願い致します。

ありがとう存じます。
貴美恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:19:43
麻里です(家パソです)

ありがとう存じます。

唯先生、今年も一年大変お世話になり、ありがとう存じました。
たくさんのお話、お言葉をいただき、ありがとう存じました。

年末の休みはあっという間に過ぎていき、大晦日の今日もバタバタでした。
普段からしっかりやっておくべきだったという事ばかりです。
1月のSTYガイドに書いて下さっていたお言葉、
“過ぎ去った時間を取り戻すことは不可能である…と言うこの言葉だからこそ…今 
この一瞬を大切に過ごす…
そのことに 思いを馳せ…忘れずに それこそ充実した日々が送れるように…思いを
新たにする日に…”
一日一日、一瞬を大切に過ごすという事を忘れず、充実した日々を送れる様にしてい
きたいです。

本年も本当にありがとう存じました。

ありがとう存じます。

麻里

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:18:55
正博です(パソコンです

ありがとう存じます。

先ほど遅らせて頂いたメールでウサギのロウソクをネズミと明記しておりました。
(大汗)

訂正させて頂きます。

ありがとう存じました。

正博

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 17:28:59
正博です。(パソコンで

唯先生へ

 ありがとう存じます。

 本日、本年最終の作業を無事終えることが出来ました。

ありがとう存じました。

 本年は自分で決めていた参詣日前に必ず作業をさせていただくというノルマが達成出来、嬉しい限りです。

そしてそのたびに父親の仕事を頂いきましたことに感謝いたします。

ありがとう存じました。

また家族を含め、私を取り巻く多くの方々が無事に一年を過ごさせていただきありがとう存じました。

今年一年の中では、私にとって大きな喜びの出来事が二つありました。

一つは私の誕生日に大日如来様のお顔を拝見出来たことでした。

そして来年早々にはお戻り頂けるとのことで、来年もまた大きな喜びを頂けかと思うと待ち遠しいです。

そしてもう一つの出来事はご子息が得度されたことでした。

このことで今後の安楽寺の安泰が約束され大きな喜びでした。

そして年が変わる前に今年の1日に頂きましたのうさぎロウソクに火をつけ、今年一年を
静かに顧みさせて頂きます。

 本年もありがとう存じました。

 来年もよろしくお願い致します。

 正博

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 16:35:47
直子です( 携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、こんにちは。

今年最後のグループ接心から、あっという間に大晦日を迎えました。
毎日メールをさせて戴く中で、この1年『忙しい』ということを口に出さずとも、いつの間にか心をなくし、要としても何をするべきなのか見失い、自分1人、『やっている』という傲りに至っていたのだと思います。それは、いつの間にか負のスパイラルとなり、相手を思うこともできず、笑顔も減り、食欲・物欲に繋がっていました。『何か違う…こんなことしてたら、アカンやん…』と思うときもありましたが、自分自身をコントロールできず、自分との闘いに負けていたのだと思います。

唯先生が口にされたら、それはもう結果としてでてしまっていることです。
新年にお話されることは、とても怖いです。しかし、それも自分の行いの結果であると真摯に受け止めたいと思います。

唯先生、今年1年、夫婦共々御世話になり、ありがとう存じました。沢山のご指導、本当にありがとう存じます。
新年のご挨拶につきましては、喪中につき、失礼致しますが、宜しくお願い申し上げます。

明日の初詣は、主人と2人で詣らせて戴きますので、宜しくお願い申し上げます。

では、今から主人の実家にいって参ります。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 16:35:36
豊弥です(携帯です)

唯先生
ありがとう存じます。
今年も一年大変お世話になりありがとう存じました。
たくさんの大切なお話し、そしてこれから進む道を定めていただきました。本当にありがとう存じます。
これからますます、発展を続ける安楽寺をしっかりお護りし、またお護りいただけるよう努めてまいります。

夕方も差し迫ってきましたが、まだ、家事等々やり残しのある状態です。しっかりラストスパートをかけて気持ちよく新年を迎えます。

ありがとう存じます。 豊弥

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 14:35:44
弥生です(パソコンから

唯先生

 ありがとうぞんじます。

 先生、今年1年、たくさんのご指導を賜り
 本当にありがとうぞんじました。
 先生と、神仏様とのご縁に感謝申し上げ、頂いている
 命と時間を大切に、来年こそきちんと生きて参りたいです。
 来年は大日如来様もお帰りになられます。
 お顔を拝見させて頂ける日を心待ちに致しております。
 
 先生、素敵な新年をお迎え下さいますこと
 お祈り致します。
 
 ありがとうぞんじました。

                    斎藤

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 14:20:43
幸義です(携帯です)

ありがとう存じます。
幸義です。
今年一年無事家族共々に過ごさせて頂き、ありがとう存じました。
なかなか思うように、いきませんが、自分を変えられるように心して、新年に望みだい所存です。新年もよろしくお願い申し上げます。
ありがとう存じます。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 12:38:20
郁代です(パソコン)

ありがとう存じます

唯先生 こんにちは

とうとう今日は大晦日になってしまいました。
年々 月日の経過を早く感じるようになり
大晦日と言う言葉が 幼い頃感じていたほどピンと来ない気がしています。

そして 昨日は実家に帰り お餅つきなどの手伝いをしないといけないかなと思いつつ
MDを流しながら家事や部屋の掃除をして過ごしました。
途中で“MD三昧”やん!?と思ったのですが
なんと…思わず手を止め 息を飲むほど叱られていることの多いこと… 
ここでも?ここでも?また!?と言う感じで 私はハナと目を合わせ苦笑…
冷や汗ものでした。ハナには じろーっと見られ 
「あんた…“怒られ三昧”やん!?」と言われているようでした。
年末に貴重なお時間を頂きました。
ありがとう存じます。

そして 今は平成21年1月17日の個人接心のMDを聴かせて頂いております。
この21年の年明けは 安楽寺に唯先生のところに
聖天様がいらした奇跡が起こっています。
安楽寺にいらっしゃる栄子さんはまさに“下宿人は見た!!”のエピソード…
ブログには具体的な名称などは伏せられ 
しかし何かの奇跡を感じることが綴られ…興味津々だったことを思い出します。

『その話はありません…今起こっていることはね…
物凄いことが起こって…また始まりに変わって…って言うのがあるけど
ちょっと どうしてもしたいことがあって…
だから その話も兼ねて 3月の聴快会はそのことも話そうと思って

これはね…縁起って分かるか?
要するに…そこの宗派とかお寺の成り立ちみたいなもの…
縁起絵巻って書いてあるやつな
弘法大師が何かしはって掘ったら何かがあったとか
観音様が流れてきはって お寺が建ったとか 良く書いてあるやろ?
それを縁起絵巻って言うんやけど
その縁起に彼女たちは立ち会ったってことやな…証人や…
彼女は「下宿人は見た…」って言ったけど 毎日見てたわけやから…
24時間かからずに変化が起こる…
それもそうなって行く…?なんてやなくて 
はっきりと形で見るとかな…そう言う変化が起こってるから 書いてたけど
「日本昔話みたいなものは あんなものは作り話やと思ってたけど
凄いことが本当に起こっている…」って言うことな

それが…例えばね私が「1億円パーン!!とここに置いてあったらええのに」って言って
置いてあったら それはあったら届けなあかんからな
「うちの中に1億円あったんですけど…」って言って
「本当か?」って警察に言われるやろうし…尋問も受けてややこしいやん
「誰が入ってきてん」って それを警察に届けるのも変やわなぁ…
「ここに落ちてました」って言うは外やし…
だから そんなことは起これへんけど

だけど そんなんみたいなことが起こってるってことや…
せやから それは物が伴って起こるから 
話がそういう風に展開していくって言うのんは
それかて大変や…奇跡やけど でもそう言うことが起こってる…

私は今年は うちの仏さんに何を聞いたんかちょっと忘れたけど
動いている展開を…
ここでも祈願してるねんで殆どな
だけど上の仏さんに… 今 うちの仏さん冬やからお綿かぶってはるねんな
それで お綿を見てたら こうして見て目を瞑ったら残像が残るやろ?
その残像にお綿かぶってはったのに それがお綿がないのが見えたのよ…
それで そのお綿を外すのが3月やから
「あぁ…3月や…」と思ったの…「3月ですか?」って私は思ってんけど
「全ての物は3月」って答えやってんな

そしたら電話がかかって来て こうなってあぁなって行って…
こうや ああやって言うときに ああ「3月なんや」と思ってんけど
3月って物凄い先かなって思っててん…今年始まったとこって意識があるから…
せやから…聴快会を開いて… こんなん文章にようせんわぁと思って…
私 ここで(MDに)録ってるのは 別で録っててん
何が飛び出してくるか分からんから…だから接心を録っててん
だから小口のMDは出来ひんねん…
何か来だしたら うわうわと思って私 ばーっと録るからな…
それで録ってるねん 
「それはなぁ…」ってぶわーっと来たときは録ってるねん
だから 文章にしたりは良うせんからなぁ
そら全て終わってもたら別やで 「こうなって綺麗になりました」って言うねやったら
「こうなって こうなりました」って それはええねんけど
まだ道中やから… 全部 とても出来ひんから
まぁまぁ思ってるのんは… 会をしてね
聴快会をして 皆さんのところで話をしようと思っててん

そうすると会に来られへん人はどうするねんて…
聴かれへんやろ?それはどうかなぁって…
でも書くのんはちょっと違うかなぁ…て…
小出しにして その月起こったことをちょっとずつ ちょっとずつ書けばええねんけど

ただねぇ…過去の会報を今 打ち直しているでしょ?
全部言うてることが起こってること思うねん…あれもこれもな… 
それで せやなくて今度は 私が願ってきたことが叶うのは…まだ当たり前やな
言うたら「ここまで頑張ってきましたから 叶いました。」
ずーっと「これを想い これを想い これを想って叶わざれば…
魔の神仏様も助けてくれはるって」鬼の神仏さんな?書いてたやろ?
そんなこと書いたことある…その言葉に後を押されてって書いたけど…
それが叶ったんかも分からへんってことに今繋がっているけど

ここへ来てやっと今月で半年やねん 8月の11日に越して来てんな
でも ただ越して来ただけやからな荷物もいっぱいで…
9月いっぱい休ませて貰って10月から始めてるねんな
だけど まぁ現実には私はここに来てるから
せやから8月の11日やったとしたら 9月10月11月12月1月…
やっと5ヶ月やな…それも6ヶ月目に入っただけやな?現実にはな
せやから その間はそんなことどころやなかったとしたら
現実には5ヶ月やろ?その5ヶ月のときに

確かにね13年ぐらいから 現実には14〜5年が確実やけど
私 神様詣でしてるねんないっぱいな その時にお詣りはしてるけど
大層に祈願をしてるわけやなし…何かしてるわけやないことが
もう5年ほど経ってて忘れてたの…
でも そう言うことが形になってきたり…ってしてる

で そうやなぁ 私の…夢のこの途中の中にはないやつやねん
「こうしていきたい」って言うのはあるで 佛様が…って
宝くじが当たれば…っていっぱい言うてるやろ?
普通で聞いて あの松本明慶師の写真を持って行ったら
「まぁ寸法にもよるけど 少なくとも1千万は下れへんね」って言われて
知ってたけど それは知ってたけど それくらい大きくしたいし
「厨子も…」って言ったら「そんなことしたら2千万近くなるやろう」って言われて
「やっぱり…」って それも3体やからな…

やっぱり億と言うお金がなかったら出来ひんやろ?
それも億と言うお金があっても 明日出来たりはせぇへんねん
製作しはるのに時間かかるから しかも3体となったら…
せやから やっぱし2年や3年かかるやろ?
それに出来たとしても それまでにお道具は揃えないといかんし
お奉りする場所を…ってやっていかなあかんとしたら…凄いけど
まぁ… そんな計算… それはまぁずっと言っていることやから

でも それと違うものが起こってるってことな
そない思ったときに 例えば「私 お金あれへんのにぃ」って言うやろ?
「そしたら お金ごとお願いします」って言う形で言ったり
って言うのんそのままと言う形と同じやな…

何ての…もう人生のプロセスっていうのか…縮図って言うのか絵は 
もう決められてたんやと思うねんな私のな
この道中の中で 放し飼いにして貰ってたんやと思ったこと…
修行やと思ったって言ったやろ?
“人生…全て今日の為にあった”って
“本当に全て今日の日の為にあった”って言うて死ぬのやろと思うぐらいに…

死ぬのは今日の為と違うけど だけどそれぐらいに
私は…しょっちゅう「辞めたらー!!」って言ってたわけやから
だから 「良くそんなこと言えますね?」って言われたけど
だって「何の意味もないねやったら辞めたらええやん」ってずっと言ってきたけど

でも“この道なんやから”って また戻されている…
ここだって 前に言ったと思うけど 初めに見てたら来てへんって言ったでしょ?
他のとこ3回くらい断られたから…
ひどいのはお金入れたら 2日ほどで返されて来たから 暮れに…
だんだん腹が立ってきて もう何でもええわって気持ちになって…
ここかて 言ってから ごちゃごちゃごちゃごちゃして長い間かかって…
「何でもええから早して!!」って来たんや
だから 最初にここを見てたら「嫌」って言ってたと思うかわからへんけど

老師に「大変ですね?」って言われたことがあって「はい」って言ったら
「いやいや神仏様が…」「こんな大変な人に…ってかなりの事なんでしょうね」
って言われてんけど 
きっとね 図は決まってたんやと思うねんプロセスみたいなものがね
それで そこを歩いてるねんけど「辞めたらー!!」って言ったりとか
「私は辞めるねん!!」とかってどっか行って来るねんけど
また最後にそこへ戻ってくる…?

今回のときもね 障害物競走って言うからややこしいのかな
どう言ったら良いのか分からへんけど
こんな 飛び越えるための障害物って言うのあるやんか?
そんなんみたいなものが こう何個かあって 何個あったか分からへんけど
一番最後のところに おばあちゃんが立ってんねん

それで 正面向いて立ってるおばあちゃんて見たことがないねん
そら生きてたときは知ってるよ
でも 夢の中では 横向いてたりとかしてるから 側で感じてるとしかないねん
だけど正面向いて立ってたのよ…
それで その前に自転車がこう立ってて 私は夢の中で
おばあちゃん自転車乗らへんのに 何でやろ?って思ってんけど
何で自転車なんや?て思ったけど

そこへ還っていくねやろな?最期はな…それはな…最終 おばあちゃん…
それは現世での姿やで 姿がそうなだけで 
そこへ還って行くねやろうと思ったけど…
私の還るところが見えたって思って… おばあちゃんのところに還るねや…って
でも それは現世でおばあちゃんの姿をしてるだけで
それは神仏様なんやろうって思えた…』

とお話下さっています。
聖天様がいらしたお正月… 雲を掴むかのように想像し
聴かせて頂いている私が前に座っていたと思います。
(このMDの冒頭は「肥えたんか?」で始まり…肥えた私が座っていますが…(涙))

先生がお引っ越しをされ たった半年足らずに
聖天様がいらっしゃり…しかも先生の夢の構図にはなかったとのこと
きっと神仏様は 早く早くと待ち望んでいらしたのかなと思います。

そして 夢で語っておられた 大佛師 松本明慶師とのご縁を結ばれ
十一面観音様や柱大黒天様をお迎えになられ 聖天堂におられます。
安楽寺の聖天様は ブログ安楽寺『名塩の聖天さん』に御掲載のように
尊い奇跡を起こされ とても霊験あらたかなであられ 私も
たくさんの奇跡 ご加護を頂き 今 有り難い日々を送らせて頂いております。

明日も初詣させて頂けますことが本当に有り難いです。
どうか まだ 行かれていない一般の多くの方々に 
明日の元旦 安楽寺『名塩に聖天さん』に初詣して頂きたく存じます。

また このとき唯先生が見られた夢ですが 
正面を向いて立っておられるお祖母様のお姿を 私は
先生の次の夢 ホスピス建立とステンドグラスの教会…
そこにお迎えされる花仏様…白衣観音様を想像しながらでした。

先生は“私の原点はお祖母様の教え”と仰います。
宗派を越えたもの そして 神仏様と書き「かみさま」と仰ることが
全て繋がっているように感じます。
そして 唯先生はいつも御守りや御念珠を“うちのオリジナル”と仰います。
手作りだったり 手を加えて下さったり… 
とても素敵なお洒落な御守りを頂いております。それも全てだと思っております。

また お叱り頂いているMDでは 「人として普通であること」
「誰かの為」「想い到ること」「生まれて来た意味を問うより どう生きるか」
そして「人間は自分と戦うために生まれてきた」
「この後 どう地球を残すか…」他にもたくさんお教え下さっています。

大切なことをお教え頂き 親ですら怒って貰えないことを叱って頂き 
ありがとう存じます。
唯先生のお教え 
唯先生がお手を合わされる神仏様 信仰に 出会わさせて頂き
感謝申し上げます。

明日 初詣させて頂きたく思っております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じました。
               郁代

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 10:52:24
志真です

ありがとう存じます。

今年も後一日だけとなりました。

今年の重大なニュースは、やはり孝子さんの突然お亡くなりになられた事でしょうか…。

昨日の事の様な気持ちですが…その時からも、もうすぐ一年経ちますので…一生って早いかなぁと思います…。

御主人様も、スッカリ慣れてしまわれた様で…お孫さん同居ですし、娘さんも何や可やと様子を見にいらっしゃるのでしょう…(たぶん…)。

私自身は、やっぱり貧乏生活変わらず…「よく今年も生きてこれたなぁ…」と感心してしまう位…唯先生と皆様と、愛ちゃん達のお陰様を頂いております。

そして、愛ちゃんと言えば…やっぱり歓喜団です。

本当に『名塩の聖天さん』天則院安楽寺のお陰様以外の何者でもありません。

衰弱しきった愛ちゃんを目の前にした時、私の頭には…歓喜団以外思い浮かばす…ドキドキしながら咄嗟に口に入れた瞬間は、今でも覚えております。

それから、あれよあれよと良くなり…一週間ぶりにお魚を食べてくれた時は、本当に命の再生を見せて頂きました。

愛ちゃんを通して神仏様のお力を見せて頂き…身震いが致しました。

孝子さんも最期は、歓喜団…お供水さん…そして、安楽寺のおミカンを頂きまして…大往生で微笑む様なお顔で逝かれました事…全て神仏様、唯先生のお陰様…本当に思います…。

ご守護札を頂くのも申し訳ない事ばかりの私の親兄弟…私を見ていて「ホンマなんかい!」て言う気持ちだったのだと思います…。

しかしながら…なんで的な最近のニュースを見ていて、やっぱり来年度のご守護札を頂ける事を…私を切り離しても(財布を開けるとご守護札が必ずあるのが当たり前になっているみたいで…)、素直に喜んでいるそうです…。

私の全部が、唯先生中心の一年でした。

本当にありがとう存じました。

これから部屋の掃除をして…夜は、愛ちゃんと…ゆっくりしたいです。

唯先生…ならびに皆様、よいお年を…。

ありがとう存じます。

志真

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.