会員の方からのメール

2011/5/31 火曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:27:38
貴美恵です。(携帯

ありがとう存じます。

今月もお店の方は目標を達成させて頂くことができました。
売上に貢献できているとは言えないのですが、
すべきことをしっかり勤めたいと思います。

また、今日最後に入らせて頂いたお客様が 初めて体験で来られた時のお話をして下さり、
他に通っていたところがあったので体験だけで帰ろうと思ったけれど
担当の方の熱意に負け 契約をしたんですとおっしゃり、
推奨が苦手な私に向けてのお言葉だと思いました。

最後になりましたが、明日のご奉公何卒宜しくお願い致します。
ありがとう存じます。
貴美恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 13:42:54
みどりです( 携帯

ありがとう存じます。

先程はあわてて送らせて戴き、お礼を申し上げずに失礼致しました。

唯先生、浴油行等で大変お疲れのところを申し訳ございませんでした。
ありがとう存じました。
ご主人様ありがとう存じました。
栄子さんありがとう存じました。

ご無礼をお許し下さいませ。
ありがとう存じます。
みどり

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 13:42:51
みどりです( 携帯

ありがとう存じます。

先程栄子さんより、唯先生からのご伝言賜りました。ありがとう存じました。

明日のご縁日に上がらせて戴きます。
午後12時30分頃から向かわせて戴きますので宜しくお願い致します。

ありがとう存じます。

みどり

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 13:42:03
あゆみです(携帯です)

唯先生、ありがとう存じます。

仕事が始まってしまった為、連絡が遅くなり、申し訳ございませんでした。
栄子さんよりご伝言を承りました。

ありがとう存じます。

あゆみ

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:48:05
京子です

ありがとう存じます。

1年前、2年前の今頃、私は何を考えていたんだろう…とふと思い、過去のブログを開きました。
驚いたことに2年前の昨日と今日…2日連続でドキドキ日記に唯先生からのメッセージが掲載されていました。
さらにそこで触れられていた2008年7月のドキドキ日記も遡って読みました。

とても厳しい内容で、もちろん1字1句全てが大切なメッセージですが中でも特に
「どう育ってこようと 環境がどうあろうと 神仏さまのストーリー通りに生きる…
それが今世での約束事だから…そう進みたい…そう思った方…だけ そう従った方だけが…
進める道…しんどくて…辛くても…信じられる者を持つ 強さ…です。」
というお言葉が心に響きます。
それは先日栄子さんが書いておられた
「遙か遠くに先生いてはるなと思わんとついてらっしゃい。いつも身近です。私は遠くへ行ったりしません。遠くなんは、あんたの心だけや。それを忘れへんかったら大丈夫です。」
というお言葉と重なります。
読みながら「全ては自分の心が決めること」なのだと思いました。

6月5日のグループ接心を目前に控えた今、この3通の日記を読ませていただいている事にも意味があるのだろうと思います。
このたび大切な機会を頂きました事、心から感謝申し上げます。5日のグループ接心、夫とともに参加させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとう存じました。

京子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:46:45
綾子です。

ありがとう存じます。
昨日のメールを見て、誤字ばかりですいませんでした。
昨日あった出来事を引きずってばかりで、立ち直れずでした。
笑顔忘れてしまっています。
深呼吸して気持ち切り替えます。
笑顔一杯でいきます。
ありがとう存じます。
綾子。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:07:16
栄子です。家パソです。

ありがとう存じます。

今朝、聴かせて戴いたMDで、
このお言葉が流れてきました。

『…何が違うのか、説明したら
「違うんです。ちゃんと想ってます。」って言う、
想ってるとそれは嘘やないって思うねん。
何にも想って無かったら来てへんから。
でも、落ちていく場所が違う。
もうちょっと変われるかと思ったけど、
何考えてんねんと思うから…』

「落ちていく場所が違う」という部分が心に留まりながら、
菜穂美さんが書かれていた
唯先生のドキドキ日記のお言葉を読み繋がりました。

変わり続けるためにお逢いした
唯先生との出逢いだと改めて思います。

自分の醜さや愚かさの根底を知らなければ本当に変われたりしません。
その自分に入り込んでしまってはドツボです。

認めて立ちあがるのは容易なことではなく、
したことが消えたりはしません。

それを忘れず、
「日々の積み重ね…たゆまぬ努力…
投げ出さない根性…辛抱や我慢…見えない汗…」
それなんですよね。

その方法は、唯先生にいっぱい伝授して戴いています。

一歩でもそこに向かえる今日にします。
何卒よろしくお願い致します。

唯先生、ありがとう存じます。
                       栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:23:18
郁代です

ありがとう存じます

唯先生、おはようございます
昨夜、先日メールさせて頂いた方にお会いさせて頂きました。
やはり、仕事を休み始めた頃は、誰とも会いたくない…
仕事もやめてしまいたい…そう思ってらっしゃったらしく

でも、ブログをご覧になられ、そして、アドレスが変わっても尚
ご自身で探され、みつけ、見ていらっしゃったこと
本物を見る目をお持ちなんだと思いながらでした。

ブログをご覧になられているから、私があれやこれやと説明するよりも
STYガイドもご存じで、色んな奇跡も知っておられ、
どんどんお話しは展開してゆきました。

明日、お一日は、午前中の講義が終わり次第
待ち合わせをし、向かわせて頂きます。
どうかよろしくお願い申し上げます。

そして、今の私も、安楽寺に伺い、
唯先生にお会いさせて頂けるチャンスのある日は
何とか潜り込みたい…そればかり考えております。

自分の中で、何かがぎくしゃく…違和感があり、
活けていない自分を実感しています。
仰るように、「心に」栄養…足りていないのでしょうか
体は太れても、心は簡単に太れません。
先生のところの伺って、栄養補給をさせて頂きたいです。

アトランダムに開いた過去の会報は
『今の世の中 このまま続けば 私たちの心に計り知れないほどの「闇」がひろがります
「天国」は死んでから逝く…のではなく 生きている内に体験したい…と
一生懸命 生きた そんな証し…掴みたい「証し」を握りしめて 終わりたい もの
人生の価値は 生涯の長短でもなく 一生の業績によって…でもなく
「志し」を持って生きる者の 愛を知る者の「熱き心」…「輝く目」を持つ者に…
そして人間としての「恥を知る心」忘れない者に…
充実した生き方を楽しみ 充実の真っ直中…輝きを放ちながら 終わりたいものです
2006年3月の会報でした。

しっかり心を太らせ、充実させて参りたいです。
唯先生、明日、ご奉公させて頂けること、
有り難く感謝申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じました。
               郁代

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:21:22
真穂です(携帯です)

唯先生

ありがとう存じます。

6月5日のグループ接心、

宜しくお願い致します

ありがとう存じます。

真穂

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 6:59:25
菜穂美です

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。

唯先生、私の生活にはいつも緊張感があります。
こんなことをしていたら唯先生に叱られる、という思いがすぐに湧き起こります(苦笑)

唯先生を意識しない日はありません。
それは幸せな緊張感です。
常に唯先生が私を見てくださっていると感じています。

唯先生はいつも真剣に叱ってくださいます。
私達が少しでもよくなるようにと大きなことから小さなことまでご指導くださっています。

誰かを真剣に叱るためにはしっかり自分自身を律して生きていなければなりません。
唯先生はその通りに生きておられ、常に凛とした姿を私たちに見せてくださっています。

だからこそ、私は唯先生からのお叱りの言葉を(怯えながらも(苦笑))素直に受け止めることができます。

過去のブログを辿りながら、過去の時々ドキドキ日記も読みました。
これまでにも何度も日記を掲載して戴き、その度に緊張しながら読ませて戴いて来ました。
こんな緊張感も、そう体験できることではありません(笑)

「何があっても この手を離さない…何を言われても立ち止まらない…
ただひたすら…ご自分を変える その事に専念する…出来る「気力・反省力」が
必要です 「ご自分の内」に入り込んでしまっては…泥沼からの脱出は不可能…
でしょう 何もかも「白紙」に戻して 心機一転…全てを委ねられるご自分を…
とり戻すからこそ 新しい出発があり…」
平成21年5月31日の時々ドキドキ日記に書いて戴いています。

自分を変えるのは簡単なことではありません。
だから相手を変えようとしてしまうのだと思います。
しかし、自分の力で変わらなければ本当に変わったことにはならないという気がします。

今、「生きる」ということは「変わり続ける」ということだと思えます。
そういう自分でなければ、生まれ持ってきた使命を果たすことはできない。
変わり続けるからこそ、使命を果たせる自分に辿りつける。
最初から使命を果たせる自分であるわけではなく、使命を果たせる位置まで何回も蓮の葉のステップアップを繰り返し、少しずつ近づいていけるのだと思います。

そのための気力を唯先生から戴き、反省すべきことを唯先生から直接ご指導戴ける。
私は変われる場所に来ています。

唯先生、ありがとう存じます。
唯先生にお会いできたことを本当に有難く思います。

唯先生にお会いできるまであと5日。

ありがとう存じます。

菜穂美

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.