会員の方からのメール

2011/2/28 月曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:36:46
鈴子です(携帯です)

ありがとう存じます。
遅くの時間に申し訳ございません。唯先生、明日1日のご縁日に主人と娘とでお参りさせて戴きたく存じます。やっとご縁日と休みの日が合いました。とても嬉しいです!毎月、主人の仕事のシフトがでるたびカレンダーとにらめっこでした。初詣にお参りさせて戴いた時に『必ず休みはやってきます』と仰っていただいたのをずっと胸においておりました。『明日、1日だから幼稚園のお迎えいってそのまま、お参りいかへん?』お正月に妹も交えてお参りの話はしていたので『うん、ええよ』即答でした。神仏様、唯先生このような時間を与えて戴き有り難い気持ちいっぱいです。ありがとう存じます。改めて時間は連絡させて戴きます。

急いだメールで大変申し訳ございません。雨も降っており、また寒いようです。唯先生、どうぞお身体ご自愛くださいませ。ありがとう存じます。鈴子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:24:54
由美です( 携帯で

ありがとう存じます。

昨日はあのように書きましたが、栄子さんから休みであることをご連絡頂きました。
本当に抜けすぎています。自分のことしか考えていないことが明らかになりました。
申し訳ありません。
また後日頂きに伺おうと思います。

ありがとう存じます。由美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 20:15:30
直子です( 携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、あっという間に2月も終わりを迎えました。『早い〜』と思っているようではダメですね。

明日から3月ですが、大切な1ヶ月のスタートが安楽寺でご奉公させて戴くことができ、大変有り難いです。何卒 宜しくお願い申し上げます。貴美恵さんも書いておられましたが、道中貴美恵さんとご一緒させて戴きます。
また、御手数をおかけしますが、お供水さんを1本、お香を2箱申込させて戴きたく、明日お代金を持参させて戴きますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 15:48:35
正博です。

 ありがとう存じます。

 唯先生、昨日は掃除をさせていただきありがとう存じました。

 また、25日のMDもいただきありがとう存じました。

 そしてお礼のご挨拶が遅くなりましたが、先日は会報、サトヤガイド、リズム
表をいただきありがとう存じました。

 今朝通勤途中で前回のグループ接心のMDが終わり、昨日いただいた分はその
続きで聞かせていただいております。

 昨日は自分の中に溜まっているブルーのスタンプを取り払うべき、朝から家の
掃除をし、そして午後は安楽寺の掃除をさせて頂きました。

 ありがとう存じました。

 それから、今日、志真さんが書かれていたメールを読み、現在、先生からいた
だいている色々な神仏具は、あの世でも貴重なものであるのだと感じ、本当にあ
りがたいものをいただいていると感じました。

 また、そのように感じたことによって、桜の花ビラをためておくことの大切さ
も確認ができた気がします。

 反面、この世で行った悪態は消すことが出来ないと先生から常々お聞きしてお
りますので、私はあの世でどんな姿なのだろうと想像するとその姿に絶句してし
まいそうです。

 そう考えるとまたまだこの世で修行しなければならないと感じました。

 それにしても、今まで人が亡くなられた事でこんなに色々な事を感じたことは
ありませんでした。

 そういう意味では孝子さんが、先生の伝えてくださっていることをより理解出
来るように示してくださったような気がします。

 ありがとう存じました。

 正博

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:57:51
鈴子です(携帯です)

ありがとう存じます。
先日のグループ接心のMD戴きました。お礼が遅くなり申し訳ございません。すぐに手元に戴けますこと、ありがとう存じます。鈴子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 9:39:35
綾子です。

ありがとう存じます。
先日よりのブログを見て孝子さんの訃報を見てびっくりしました。心よりご冥福をお祈りします。
昨日、千葉に住んでいる主人の姪が大阪に遊びに来ており、その際主人の父の話しになりました。
姪っ子は、大のお爺ちゃん子でした。
亡くなった際も、亡骸から離れず周りもなんとか引き離したのを覚えています。
あれから約10年になります。主人も、色々な思いがあるのかなと思いました。
家族がなんにもなく、笑顔で過ごせること本当に感謝します。唯先生、今日お昼弥生さんとお茶させていただきます。
お香・サトヤガイド等を預かっていただいたとメールいただきました。
早々にいただけること感謝します。
ありがとう存じます。
綾子。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:45:34
貴美恵です。(携帯

ありがとう存じます。

昨日いただいたMDを聞いていて お話下さっている中で
「そんなん どっちでもええねん」
とおっしゃることが気になり、
1番大切なことが分かっていないのかもしれないと思いました。

今回このようなこの上ないお話をいただきました。
来月のSTYガイドに 過去の会報等を振り返ることで
今…直面していることの応えに繋がります…とありました。
読み返してみます。

明日のご奉公 何卒宜しくお願い致します。
直子さんと一緒に10時前に行かせて頂きます。

ありがとう存じました。
貴美恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 8:06:16
郁代です(携帯です)

ありがとう存じます。

唯先生、おはようございます。
昨日の月の庭に向かう道中に聴かせて頂いたMDは
平成16年5月の個人接心のものでした。

教員採用試験前なのに、相変わらずの母の攻撃について、
先生に愚痴を話しています。

試験勉強があると言うのに、お見合いの話しを言う母…
勉強をしなければならないし、母の攻撃も避けたいため
実家から足が遠のいていたのですが、当時、母から来たメールは
「そんなに頑張らなくて良いのに あなたの人生だから好きにしたら良いけど」
とのことでした。

今、思えば、あのとき本当にお見合いをしなくて良かった
結婚を選ばなくて本当に良かったと心から思います。

もちろん、結婚してから試験を受けるのも遅くはないのですが、
それが出来るほど私は器用ではないですし、
むしろ、あの時それを選んでいたら逃げ道でしかなかったと
今になって理解出来ます。
でも、母親が言う幸せとは…と。

もちろん望んでいないわけではないのですが、
今、私はお陰様で、好きな仕事に就かせて頂いています。
特に今の職場では、素敵な生徒たちに出会え、彼等が本当に大好きです。
彼らとの出会いのお陰、心底この仕事が好きだと思うようになりました。

運転しながら、彼らの顔が思い浮かび、涙が溢れてきました。
同僚たちにも恵まれていることを思うと、
大好きな人たちに囲まれている私は、今、本当に幸せなのだと思います。

月の庭で、栄子さんに聴いて頂きながら、
両親に対して、感情や正義感だけをぶつけてきたことを思いました。

そうじゃなかったのだと…
母の言葉にその度毎に反応し、葛藤していた自分が恥ずかしいです。
今、私は幸せであり、更に夢があることが本当に幸せです。

唯先生のご指導のお陰で、今の幸せを頂けました。
先生は、厳しく「名字から抜け出せない」と仰いました。
この家で育てられた価値観を頑固に拭い去れないのだと思います。
でも、実感しているこの幸せを正義感でぶつけることなく
唯先生のお教えや想いが姿や行動や態度、
言葉で伝えられるようになりたいと存じます。

ありがとう存じました。郁代

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 7:52:42
栄子です。家パソです。

ありがとう存じます。

志真さんのメールを読み、
み仏さまを見ながら、
「あなたが この度 お迎えに なられた みほとけ…は
ず〜っと先…人生の最後に…
あなたが 黄泉(よみ)の国へ戻られる時…
この「みほとけ」の 先導で 戻れる…場所が定まる…のです
(良き お導きが…ありますよう…に)」と書かれた
み仏さまを護持させて戴いた時のメッセージを再度読みました。

孝子さんはそうして先導されて逝かれたのだと思うと、
「死」というものが別れだけでない
新たな旅立ちなんだと温かいものとさえ思えます。

その最期を迎えた時、
人生、良かったと身をゆだね旅立てるかどうか、
常に伝えて下さっている日々の生き方が全てですね。

時間は刻々と過ぎています。
しっかりと今を動きたいと思います。

本日もよろしくお願い致します。
唯先生、ありがとう存じます。
                           栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 5:59:05
菜穂美です

ありがとう存じます。

本日栄子さんよりMDを戴いて参りました。
ありがとう存じます。

今も聞かせて戴いています。
聞き入ってしまい、動けなくなります。

それまでに聞いていたのは21年6月の緊急集会のMDでした。
グループ接心で聞かせて戴いたお話と重なるお話もありました。
やはり、聞くべき時に聞くべきことを聞かせて戴いていると思います。

唯先生、ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

菜穂美

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.