会員の方からのメール

2010/12/31 金曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:40:19
麻里です(携帯です)

ありがとう存じます。

年末、色々やりたい事がありましたが、
部屋の掃除と床のワックスかけ、洗濯や晩御飯を作っている内に、あっという間に夜になってしまいました。
かなりバタバタとしましたが、今はゆっくり両親と紅白歌合戦を見ています。
吉祥図も、新しい額でどうやってまつらせていただこうかと考えていたら、
両親がちゃんとしっかりまつってくれていました。
今年もこうして家族みんなで年越しを迎えられる事を、有り難く思います。
ありがとう存じます。
唯先生、今年もたくさんご指導いただき、ありがとう存じました。
来年の変化の年に遅れない様、しっかり進んで参ります。
明日の初詣は両親と…と思っていましたが、母が風邪をひいて熱を出してしまいましたので、明日の様子を見てみようと思います。

唯先生、今年も本当にありがとう存じました。
来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。

麻里

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 22:17:17
和華子です( 携帯

ありがとう存じます。

今年も、ご指導頂きまして大変お世話になりました。安楽寺に行かせて頂く度に外装なども、どんどん変わっていかれ、猛スピードで進まれ細かい配慮までも…見せて頂きまして、本当に頭が下がる思いです。

今年は落慶法要に、夫婦で出席させて頂けたりと、とても幸せでした。
ありがとう存じました。
来年は幸せを、自分自身でどんどんつくって行きたいと思います。
ご指導、何卒よろしくお願い致します。

明日は安楽寺に家族揃って初詣に行かせて頂きたいと思います。

急に寒さが厳しくなりましたので、お身体お気を付け下さいませ。

ありがとう存じます。

和華子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:56:44
由美です( 携帯で

ありがとう存じます。

今日はお節料理を少し手伝いました。これではダメだと思うくらいだったので、メモを取りました。来年見れば、また今日を思い出せます。

少し違いますが、MD起こしもそうですね。

お陰様で少しパソコンを打つのが早くなりました。お話を聞きながら練習出来るのは、なんて幸せな時間でしょう。私の出来る範囲でコツコツ進めます。

来年はブラインドタッチが出来たら…と思うとますます作業が楽しみです。

唯先生、今年は崖っぷちの状況から、唯先生が手を広げて受け止めて下さったお陰様で、聖天様の光を感じさせて頂いた一年でした。
少しでも成長して参りたいと思っておりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ありがとう存じます。由美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:55:39
努です(家パソ)

ありがとう存じます。

今年も無事一年過ごす事が出来そうです。
本当にありがとうございます。

来年から無卦が始まりますが、次の有卦の為、
忙しさに心無くさず、口を慎み、勉強を頑張り、
仕事・安楽寺の事を「分かりました」「やってみます」と
気張りたいと思います。

また、来年は今年以上に頭を働かし、脳内シノプスを増やし、
先生のお言葉に素早く反応したいと思います。

ありがとう存じます。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:43:28
隆雄です

ありがとう存じます。

2011年まで後3時間を切りました。
今日、良輔が帰省し大掃除などを手伝ってくれたのは良かったのですが、髪の毛がゲゲゲの鬼太郎状態でしたので、京子が見るに見かねて栄子さんに無理なお願いをしてしまいました。
お陰さまで、正月をすっきりと迎えられる格好にして頂き栄子さんに本当に感謝です。

夕方には大掃除も終え、夕食は義母と菜穂美さんが家に来て楽しいひと時を過ごせました。後は除夜の鐘を待つだけです。
今年も色々ありましたが、何よりも家族全員が無事に一年を終える事が出来ました事を感謝いたします。
来年も家族共々どうか宜しくお願いいたします。

隆雄

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:43:19
菜穂美です(携帯)

ありがとう存じます。

唯先生直々にメールいただき、ありがとう存じます。
今まで母と一緒に姉宅でお鍋をご馳走になっており、唯先生からのメールは帰宅途中の車の中で受信しました。
すぐに返信できずに申し訳ありません。

巻き寿司の件、了解いたしました。
十本で足りますでしょうか?
「母は何本でも巻くよ。
二日連続でも巻くよ!」
と申しておりますので、何本でもご用命ください。
私は運ぶだけなので偉そうなことは言えませんが(苦笑)
いや、酢飯を冷ますくらいはできると思います(笑)

唯先生、明日お会いできると思うと嬉しいです。

よいお年をお迎えください。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 平成23年の会報 — 管理人 @ 20:10:40
平成23年1月「福生於淸約 (ふくはせいやくにしょうず)」の会報

平成23年1月「福生於淸約 (ふくはせいやくにしょうず)」の会報を掲載致します。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:54:53
直子です( 携帯)

ありがとう存じます。

唯先生、新しくパワーが詰まった吉祥図を本当にありがとう存じました。

新しい額は、キラキラしており、玄関の空気そのものがキラキラしています。十一面観音様もいらっしゃいます。安楽寺がすぐ傍にあるような感じが致します。しっかりと、手を合わせて参りたいと思います。

篠山実家に御節料理を配達しおわり、後は主人の帰宅を待つのみです。母から、『うまいこと、できてるよ〜』とメールがあり、とても嬉しかったです。料理も、誰かが喜んでくれる1つですね。唯先生をはじめ料理隊の皆様から、来年も料理を学ばせて戴きたいと思います。
何卒 宜しくお願い申し上げます。

唯先生は、もうすぐお休みになられ、行にむかわれるのでしょうか?
益々寒くなるようです。暖かくしてお過ごしくださいませ。

唯先生、今年も1年幸せでした。ありがとう存じます。

ありがとう存じます。

直子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 18:55:52
栄子です。

ありがとう存じます。

唯先生、無事に月の庭の締めが出来ました。
色々反省が浮かび、
「ありがとう存じます。」と「ごめんなさい。」を
掃除するあちこちで言っていました。
本当にお陰様です。

そして、もう一つものすごい流れがありました。

雪の中、家族でお墓参りに行った時、
思わぬ積雪にあと少しのところでスリップして車が上がれず、
立ち往生していたところを一人の男性が助けて下さいました。

母とその方との会話でその方が、
先日、叔父がシカ除けのネットに引っかかり単車で転倒した時に
偶然にも通りかかり叔父を助けて下さった方と分かりました。

またしても家族皆助けて戴いて・・・という会話になり、
お礼をしなければと言うことになりました。

そのお墓参りの帰り道、
その坂を下りるのはちょっと不安だと思っていたら、
義兄が私の車を運転してくれ、初の二人乗り!!をしました。

途中まで降りて母の軽トラックが来るのを待ち、
母の車から叔父が降り、母と義兄が軽トラックで姉の車を迎えに行き、
私は叔父を乗せ家へと向かう車中での会話。

「おっちゃん、あの人に助けてもらったんやってな。」

「そうや、身動き取れなくなっていたところへ
あの人が通りかかってくれて引き上げてくれたんや。」
・・・と車はそのシカ除けネットの道にさしかかり、

「これにひっかかったん?」

「そうや、風が吹いて網がふわっと浮いたところへ引っかかってしもてな。
網があったから助かったんや。」

「おっちゃん、それは絶対守って戴いたんやで。
怪我もなかったんやろ?あり得へんことやわ。」
(私、かなり力を込めて言っていました。)

「そやな。数珠はしてへんかったけどな。財布のお守りは入れとるからなぁ。」

「それやわ、おっちゃん!
おっちゃんもやっぱり守って戴いてるんやな。」

「そしたら、またその先生にその事言うといてんか。」

「うん、て言うか、明日そのお寺にお詣りしような。
そうして守って戴いてるんやし、一回みんなで行こうな!」

「そうやなぁ、今年はここのお寺も神社も行かんでもええさかい、
ほな皆でそこへ行こか。あんた皆にそう言うてみいな。」

「うんうん、そう言うてみるわ。」
(言うてみるも何も・・・)

というものすごい展開で明日の初詣は母と叔父、姉と姪と共に
安楽寺へとお詣りさせて戴きます!

義兄は残念ながら明日はシフトが仕事になり、
また次回にゆっくりとお詣りさせて戴けるようにと姉と話しました。

姉曰く、「きっと行くっていう感じがする。」とのことです。
私もそんな風に感じます。
義兄は本当に変わりました。

この1年は、こうして家内安全の大事さを深く知らせて戴いた年でした。
一蓮托生という意味も痛感しました。

「私が要、私が護る」このことは
これからずっと私のすべき生き方だと思います。

私の心が違えば、それは周りへと波動する。
今年は、本当に醜い自分を知らせて戴き、
唯先生には、多大なるご負担をおかけしてしまいました。
この事は、忘れてはならない汚点であり、繰り返すことなく、
唯先生から受けた良いものを伝播出来る来年であるように、
心して精進いたします。

唯先生、一年間本当にありがとう存じました。
来年に向けてまだまだ自分との戦いは続きます。
「正月とて気を緩めない」ですね。

新しい年も何卒よろしくお願いいたします。
ありがとう存じます。
                     栄子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 18:07:42
志真です

ありがとう存じます。

今日は、猛ダッシュで朝から掃除、洗濯…年越しソバも食べ…お風呂も全部済ませて、紅白を見たら…そのまま愛ちゃん達とベッドにGO!と言うスタンバイOK状態にしました。(ひとりだから出来るのですが…)

今年も…本当にありがとう存じました。

ハラハラドキドキの…ジェットコースター気分と言うのが…この一年の感想です。

「ひとりで大きくなった様な顔をするんじゃない!」と、子供の頃よく親に言われましたが…本当にひとりでは…何にも出来なくて、実家の親、弓山さん…沢山の皆様の『お陰様』を頂いた上で生きている…と、痛感した一年でした。

『志真』の名前になってから一年…最近『志しを持つ』と言う言葉をよく耳にする気がします…。

私自身は、親の願いも虚しい名前負けの人生を送ってしまった感が多々ありますが…しかし、安楽寺号には乗せて頂きたいです…。

ここ10年…振り返ってみましても…初めての試みが多かったですが、唯先生がおっしゃって下さらなければ…頭にも浮かばない事ばかりでした。

唯先生の言う事も聞ききれず、恥もかき…失敗も多過ぎますが(それも含めて…)、心の引き出しに入れて乗船致します。

『真を志す』最近…やっと自分の名前の重みを感じております(遅いですが…)。

漠然とした締め括りのご挨拶になってしまって…すみません。

今年も、あと数時間となりましたが…唯先生、皆様、よいお年を…。

明日は、安楽寺に初詣に参ります。

ありがとう存じます。

志真

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.