会員の方からのメール

2009/3/31 火曜日

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 23:05:37
綾子です。

ありがとう存じます。
遅くにメールしてすいません。
昨夜、弥生さんより唯先生から伝言いただきました。
泣いてしまいました。
また、弥生さんの励ましの言葉ありがとうございました。
明日より市役所で働きます。
唯先生、本の予約お願いしたいのですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 21:35:39
菜穂美です

ありがとう存じます。

今日、たくさんの同僚とお別れしました。
一日8時間以上、同じ空間で過ごした人たちです。
そこにいるのが当たり前だったのに、明日からはもういない。
なんとも言えないせつなさです。
いなくなって寂しいと思える人たちばかりと出会っていたということは有り難いことです。

中でも、とても口数の少なかった先生とのお別れが今一番寂しく感じます。
いつも静かに人の話を聞き、相槌を打ち、余計なおしゃべりをしない人でした。
いつ話しかけても笑顔で受け止めてくれる。
必要な時に必要なサポートをしてくれる。
いてくれるだけで安心できる人でした。
今頃になってその存在の大きさに気付きました。
別れは本当に寂しいですが、同時にそういう人と出会えてよかったと思います。
新しい職場でもお元気に過ごされるよう祈りたいです。

寂しさに浸ってばかりもいられません。
明日から暦の上でも新年度が始まり、新しい同僚との出会いがあります。
聴快会で浩美さんに感じさせてしまったような思いをその人たちに味あわせないようにしなければなりません。
ちょうどこの時期に浩美さんのメールを読ませていただけましたことを有り難く思います。

ありがとう存じます。

菜穂美

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 19:26:43
あゆみです(携帯です)

唯先生、ありがとう存じます。

本日、栄子さんに『大佛師 松本 明慶 作品集』(すみません…漢字変換できました。勉強不足でした…)
を母と私の二人分を申し込みさせていただきました。

どうぞよろしくお願い致します。

月の庭では、楽しいひと時を過ごさせて戴くことが出来ました。
栄子さんの話を聞きながら…、まだまだ分かっていない自分も気付かせて戴きました。

本日も貴重なひと時をありがとう存じました。

ありがとう存じます。

あゆみ

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 17:04:03
里恵です

ありがとう存じます。

昨日は夫婦で聴快会に参加させていただき、本当にありがとう存じました。

唯先生が「大丈夫やでぇ…少し頑張ってるなぁ…」と仰る優しいお顔を…。
また、ぎゅ〜と手を握り、ぎゅ〜と体全体を包み込むような抱擁、そして擦っていただいた時の…全ての心地良さを…。

その心地良さを知ってしまった私は…。

次はしっかりと子供たちにしたい!しなければ!!と、強く強く思いました。

そして、唯先生が昨日も「子供たち、しっかり抱いて…」の御言葉を下さいました。

唯先生、ありがとう存じます。

里恵

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 17:03:57
侑加子です。(携帯から

ありがとう存じます。

お礼のメールが送れてしまい、申し訳ありません。
先日の聴快会では家族でお世話になりました。
唯先生には怒られてしまうかも知れない、
もしくわ何も言って頂けないかもしれないと思っていました。
けれども、唯先生のお言葉を頂けて大変嬉しかったです。そして、ホッとしました。
勉強が頑張れていないので、頑張りたいと思います。
短い文で申し訳ありません。

ありがとう存じます。

侑加子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 16:25:45
三田のあゆみです(携帯

ありがとう存じます。
唯先生、お久しぶりです。
新しい年になって明日で4か月になり、社会人2年目に入ります。
この1年で、自分が今までどれだけ守られてきたのか、自分の出来ることがどれだけ少ないかを思い知らされました。

しかしそれを素直に受け入れることも出来ませんでした。
己の不甲斐なさに愕然として、マイナス思考に陥り、考えてはいけない方向にまで足を突っ込んでいました。
本当に危なかったです。
でも年が明けて祖母が亡くなり、初めてお骨あげというものを体験した時、人ってこんなに儚いものなんだと怖くなりました。

人はいつか亡くなってしまうけど、それを自分の手で早めてしまうのは絶対に駄目と思いました。

それなのに。
最近また考えてしまいます…
これからずっとこの繰り返しで生活していくのかと考えたらゾッとしました。

だいぶ前に、唯先生に「難しい子や」と言われた時、何が難しいのか自分が何に拘ってるのか分かりませんでした。
でもやっと少しずつ分かってきた気がします。
本当は逃げたいです。
仕事も辞めたいです。
でも途中で逃げ出すのは自分自身で許せません。見栄張りです。妙なプライドもあります。
自意識過剰な面もあります。
でもやっぱり今の仕事は辛いです。
私がお客様の立場になった時、一番されるのが苦手なことだから余計かもしれません。
1年やってきて、多少その思いは無くなるかと思いました。
でもやっぱりそのままです。

甘いです。
誰でも皆自分に落胆もするし、もっともっといろんな思いをしてらっしゃるのは百も承知です。
だから余計に負けたらあかんと思うのかもしれません。

初めて唯先生に宝塚ホテルでお会いしたとき、
「しっかりしてるというのは誉め言葉じゃない」とおっしゃいました。
どれだけその言葉が嬉しかったか分かりません。
今まで散々言われ続けてきました。
しっかりしてるとか落ち着いてるとか…
でもそれは一番辛い言葉です。
「しっかりしてるから大丈夫」
そう言われても何が大丈夫か分かりません。
そう思われてるぶん、大丈夫じゃなかったときの相手の落胆の仕方はものすごいです。
「なんもできへんやんか」って顔にありありと出されます。
だから余計に見栄はります。
大丈夫じゃなくても大丈夫と言う自信だけはあります。

悲しいです。
自分の中で矛盾だらけです。

こんなに長くメールを書いたのは初めてかもしれません。
なぜか、今思ってることを正直にお話しなあかん!!と思ってメールしました。

ダラダラと書いてしまい申し訳ございません。

あゆみ

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 16:25:41
みどりです( 携帯

ありがとう存じます。

今正に、頭の中でぐるぐるといろんな思いが駆け巡っています。
昨年4月3日に接心を戴いてからちょうど一年を迎えようとしております。
有り難い接心(個人接心)を戴いたのは、後にも先にも一度だけです。
そんな私が…厚かましく皆様の前であぐらをかいて居たことを今更ながら…反省しております。
何も掴めていない私が恥ずかしいです。
庵の進化に沿って(添って)進むに相応しい自分であるのか…鈍いまま時間が過ぎて行ってしまうのでは…と、不安が過ります。

しかし、こをんな事を考える間に前向きに進むことが大切です。(自問自答しました。)
やっぱり、やるしかないのです。

お陰様で、21年度も今年度と同様、仕事を戴ける有り難さを噛み締めています。そして、新学期を目前に進んでいる「農村留学生」受け入れにも全力で臨む覚悟をしています。
しゃんと姿勢を正して頑張ります。

唯先生にご指導戴き、皆様の日々の思いを拝聴(拝読)しながら一心に参ります。何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとう存じました。

後になりましたが、大佛師松本明慶様の作品集を一冊戴きたく存じます。
宜しくお願い致します。
娘を通じて代金届けさせて戴きます。
ありがとう存じます。

みどり

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 14:12:53
由美子です(携帯から)

ありがとう存じます。

一昨日の聴快会、大変お世話になり、ありがとう存じました。
前日までひどい腰痛で、立ち上がるのもやっとの状態でしたので、当日嘘のように痛みが消えていたのにはビックリでした。 何が何でも外せない聴快会。
神仏様のお計らいに感謝致します。

庵の御披露目以来、もの凄いスピードで夢を形にしていかれる唯先生…どこまで広がっていくのか…すごく楽しみでもあり、神仏様のお力に身震いがする思いです。

唯先生に出会えた子供達は、又新たなパワーが蘇り、心機一転、夢に向かって歩き出しています。
これだから、聴快会は止められません!
子供達も、ちゃんとわかっているからこそ、どんな用事より、聴快会最優先です。
本当にいつもありがとう存じます。

又、お世話いただきました方々や、私達親子の交通手段をご心配頂いた、敬子さんや郁代さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

願わくば、来月も唯先生にお会いする事ができますように…

由美子

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 12:50:45
みれです(携帯から

ありがとう存じます。 唯先生…まだ『大仏師 松本明慶 作品集』の申し込みは大丈夫でしょうか? どうしようかとずっと考えておりましたが… やはり心から離れないので、まだ受け付けして頂けますなら、一冊お願い致します。

Filed under: 会員の方からのメール — 会員 @ 12:50:28
菜穂美です(携帯)

ありがとう存じます。

聴快会で唯先生に気負わなくていいと言っていただいたことを今しみじみと噛み締めています。
私はすぐに気負ってしまいます。
まずは等身大の私であること。
目の前のやるべきことを一つ一つこなし、足元を踏み固めること。
足元が固まれば、底の浅い洗面器をひっくり返して乗っかり、少し先を見る。
大きいたらいはその次に。
私はゆっくりでなければ変われないということを何度も自分に言い聞かせます。
つい大きい自分にあこがれ、なれるかもしれないと気負い、失敗し、やり直し、です。

ゆるやかな成長を目指します。
卓君がベクトルという言葉を書いておられましたが、私のベクトルはすぐずれます。
何度も何度も起動修正しながら、進まなければ結果として大きくずれにてしまいます。

唯先生、どうか今後ともご指導よろしくお願い致します。

ありがとう存じます。

菜穂美

次のページ »

Copyright c 2007-2014 眞理 唯心会 All Rights Reserved.